taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

FAT

16 11月

Zealはもっと評価されてもいいバンド/ZEAL at Fat Festival 64

Nengに続いてmore cattle。最初は良く分かりませんでしたが、どうやら同名のコンピアルバムが発売されるようで、それに参加するMore Music所属アーティストの時間。そのメンバーの中では最初に出てきたZEALがとても良かったです。
ジール

4人組若手バンドですが既に3枚のアルバムを発表。
特に2nd AL Tripが音作りも含めてボクはお気に入りです。久々に生で見ましたが「場数こなしてるなあ」としみじみ。
パフォーマンスにも余裕があるし、客を掴むユーモアも忘れてない。

特にここのドラマーKENは聞く度に「タイトでイイ音出すよなぁ」と関心することしきり。タイってやたらとパワフルでドカドカと力任せに叩く人、多いですから。彼の音は“立って”るんですよね。スネアのほんの少し高めのチューニングも好き。断言しても良いですけどバンドとしての将来は分からないけどこのドラマーだけはタイでしっかりサヴァイヴして自分の世界を作っていく有能なミュージシャンになっていくだろうと想います。
クリックも多様するんですがその取り入れ方もソツがない。クリックをしっかり聞くためにヴォーカルPEXもモニターイヤホンをしたまま歌います、さりげなく。それはそれでプロフェッショナルですよね。バンドとしてのヴィジュアル・バランスも3枚目のベースが愛嬌を振り撒いてよい感じだし、ZEALはもっともっと評価されて良いバンドだと想いますが。自己陶酔J-POP歌唱法バンドよりは全然良いでしょ??(違いますかねえ)。
4曲ぐらいで引っ込みましたが、コンパクトでしっかり自分たちをアピールしていった良いステージでした。

Zeal♪Kon Baa(2002)from You Tube
20 11月

T-BONE, Bodyslam(ボディスラム)などファット・フェスティバル5レポート(タイ・バンコク2005)PLAYBACK!FAT FEST #65

T-BONEからBodyslam、いよいよFESは大団円へ
2日目、日が暮れてから観たアーティストでは
・FLURE(どうしてもVoの顔が慣れない、直視できない・笑)
・THE TRAVELLERS(from JPN、ロカビリー風JAZZ?バンド)
・BUDDHIST HOLIDAY(今度ゆっくりお話しする機会でもあれば)
・DOOBADOO(同期モノBAND。お皿回しなどでステージ上には4人)などを観ましたが、個人的なベストステージはやはり大御所T-BONEでしょうか。
聴きなれた曲ばかりで決して真新しさはないのです。でもスカやレゲエといったワンパターンなリズムもT-BONEにかかれば途端に安定感が増し、飽きない、楽しい。建て付けの良い家でゆったりくつろぐ、みたいなイメージでしょうか。やっぱり実力が違いますね、T-BONEは。新譜買わないと!
tboneギター
写真はT-BONEの完全JAZZテイストのguitarist。スタインバーガー・クラインという奇妙なカタチのGuitarを弾く、今でもサキソフォンパブで彼らを間近で見られるハズ。

そして時間は進み、ラス前のRoller Coasterステージ、本来はVikingでトリを務めるハズだったStreet Funk Rollersがロックの王道であるリフソングをガンガン演奏。このタイ版サンボマスターとも呼ぶべき敏腕Gオヤジの安定感ある演奏も、多くの観客には届いていなかったようにも。観客の目は既にその「次」に向いていました。結果として「繋ぎ役」を引き受けてしまったStreet〜には少々気の毒な時間が流れていく……
そして、Bodyslam登場。お馴染みの大仰な♪コップファー(地平線)からスタート。
全曲ドラマーがヘッドホンかけっ放しで(ベースまでイヤホンしている)全員がクリックにあわせての演奏です。ピアノだろうが、ストリングスだろうがLIVEアレンジの必要は無し。カラバオのエートの声だって勝手にPAスピーカーから出てきます。自由自在。タイロック完全パッケージSHOW。
ボディスラムFAT
4人はクリックに合わせ、ひたすらその肉体の躍動と衝動をステージに叩きつけていきます。観客との対話、というよりも自身の恍惚をひたすら放出していく感じでしょうか。4人の表情がこの世のものとは想えません。そりゃそうです。1年経たずに登り詰めたフェスのオオトリ、取材エリアや舞台の裾にまで大挙押しかける観客(野次馬?)の強烈な視線、先ほどのStreet〜と同じ舞台なのにまるで別世界。
まさにエクスタシーの極致。4人の絶頂感は尽きることなく、観衆を煽動していきます。
そしてボクは知らぬ間に音楽の二文字を抱きかかえたまま取り残されて……出世作believeのジャケット、メンバー4人の向こうに上がる朝陽、あれはタイ産業ロックの夜明けだったのか。
かくしてRock Starは作られた……

[PLAYBACK!FAT FEST#1〜6(匠武士) 了]

19 11月

アームチェアー、クレッシェンド(ファットフェスティバル5・タイ・バンコク2005)PLAYBACK!FAT FEST #53

FAT2日目は昼食後ゆっくり出勤で
既に午後2時を過ぎていたと想います。moderndogが演奏したのかどうかも確認できないまま、2日目最初に見たのはsmallroomの一員でもあるarmchairでした。
armchairfat
今年3月のパタヤ音楽祭でハードなバンドに囲まれ、飛ばしすぎ、一杯一杯のステージを展開していたアームチェアー。このバンドのVo、単純に「天然」だったんですね(笑)。teenagerの黄色い声援が飛び交う中、舞い上がることなくマジメに切々とMC、いつもの爽やかなサウンドを目一杯披露。そのホンワカムードにとても好感が持てるステージでした。

その後は、
4 gotten(元GMMアイドルpeterのバンド、客席の反応静か……)、
THAITANIUM(HIP HOPってどう評すればよいのだろう)、
FRIED PRIDE(既述)などを観ましたが、
若手バンドでは飛びぬけてgroovyなサウンドを出すCrescendo(2nd.ALが発売中!)がイケてました。
4曲くらいしかやりませんでしたが、ドラムがヘッドホンを外した(クリックなしの)曲が印象に残りました。やっぱり生グルーヴですよ、LIVEは!
ノーbassman
そして大発見! このクレッシェンドのbassistが大御所T-BONEと同じ人だったのです。ボク、サキソフォンで彼の演奏に感激して(滅多にそんなことしないけど)思わず声を掛けたことがあるのです。名前はNor(Norathep Masang)、トラではなく列記とした正メンバーでした(写真はT-BONEでのステージ)。Crescendの音の秘密がひとつ分かりました。

その後、豪雨で1時間ほど全てのステージが中断、演奏再開したのは日の暮れる頃でした。ボクのスニーカー、完全に駄目になった……
15 11月

YOKEE PLAYBOY、FUTON(ファットフェスティバル5・タイ・バンコク2005/PLAYBACK!FAT FEST #44

引き続きFAT初日、YOKEEから豪雨の中のFUTONまで
EBOLAからエンドルフィン、オブザバトリーにKIIIIIIと続く初日。
タイの平井賢ことYOKEE PLAYBOYは「こういう音(メジャー7Th&16beat&ファルセットvoice)もタイにあるのか」と驚かせてくれた「思い出の存在」、2年経ってようやくLIVE初見でした。
yokeefat
今年4月にアコースティックながら初来日LIVE、それもピピ島支援のチャリティーという男気を感じさせる硬派ノリ。(LINK先でもあるタイ王国.comさんの)インタビューに「好きなアーティストはビートルズにヴァンヘイレン」というベタなお答えを披露するなどあくまでも実直なお方(ウソでもいいからカーティス・メイフィールドとか答えておけば良いのに)。LOOKSも日本人みたいでCDから聞こえてくるイメージとは少し距離があるアーティストでしょうか(でも彼の作品だったらどれもご推奨できます。是非一度CDを)。
腰フリフリパフォーマンスはModerndogのPODとタイ双璧と言われ、今回のステージでもガンガン披露してました。少々オジさんの領域に近づいているようなので、ずっと待機しているという新譜にあわせて是非肉体改造を。やっぱりYOKEEには一寸HなNight Concertが似合う?

その後、日が暮れて観たバンドでは
・BLISSONIC(タイのお家芸カワイコちゃんBANDは途絶えることは無くとも決定打もずっと先送り)、
・SCRUBB(先の7Cコンサートの印象のまま)、
・APARTMENT KHUN PA(半裸Voの弛んだお腹がずっと気になって音楽に集中できず、脱がなきゃいいのに……)らがありましたが、一番印象に残ったのは音の前知識がほとんど無かった多国籍バンドFUTONでした。

エレクトロPOPだの、デカダンスだの、ゲイPOWERなど派手で虚飾に満ちた表現が多いFUTONですがステージ自体はびっくりするぐらい「マトモ」、というか「バリバリ直球勝負」のバンドだと想います。イメージを180度覆されました。6人組になって中央にリードヴォーカル、後ろにDrummer、左右を女性ふたりが固め(この紅2点が非常に魅力)、さらに両翼に男性(中性?)ギタリスト二人が陣取る。つまりまったくのシンメトリー(左右対称)で、とてもバランスが取れているのです。
サウンドも「歌」を聞かせる8ビート主体、派手なギターソロなどなくバンド全体でビートを押し出していく感じ。ボクには80年代のそれこそデュランデュランとかカルチャークラブのような親しみ易さを感じました。でもサウンドのキーマンはドラムだと想いますね、彼が一番の牽引役。
futonfat
1曲目の途中から物凄いスコールに襲われ、一切止む気配はなし。他のステージはそのまま強制終了する中、FUTONだけが音を出し続け、ずぶ濡れのお客さんを多数引き止める! 豪雨の中、FUTONは新しいFATの伝説に刻まれた? 
個人的には市川実和子似のベース、彼女の出す「音」を一度じっくり聞いてみたい、ステージングはホント超キュートでキマってました。女の子のFANも付くのでは? で、彼女、MCとして各ステージで大活躍していたようにも……
14 11月

エボラ、エンドルフィン(ファットフェスティバル5・バンコク・タイ)PLAYBACK!FAT FEST #33

レポート3回目にしてようやくタイアーティスト登場!
会場の奥にあって規模の一番大きいRoller Costerステージ。初日に観た最初のBigアーティストは問題?の新譜Enlighten絶賛売り出し中のエボラでした。
ebolafat
何だかPAの調子がイマイチ。エボラを見ながら友人と談笑できるなんて奇妙な状況、何でも近隣住民に配慮ということで音を上げていない。中央位置まで言ってようやく「らしい」音量が確保されてました。
新譜よりも旧譜の曲の方が「彼ららしい」と想ってしまうのはうがった見方?(新譜を良い、と言う人も少なくないので)。健全な?音量にあいまってわずか数曲ではエボラの真髄は分かりません。もっと聞いてみないと、というのが正直な感想でしょうか。
soonbass
人が増えだしたのは次に出るPARADOX目当ての客のせいか。ベースのソンのハチャメチャ衣装での登場に会場のヴォルテージは上がりっぱなし。初っ端は例の♪シュワッ、シュワッって映画の歌。パラドックスはやっぱりタイ随一のお祭りバンド。今年は来日公演も果たし一層自信を深めたことでしょう。彼らの歌を聞きながらVikingステージを目を凝らしてみると、どうやらエンドルフィンが演奏中。急いで場所移動!
endorphine
FATは毎回開催場所やステージ仕様が変化して来ました。5回目にしてその決定打となったか?
答えはNOでしょう。最初会場内に入ったときはコンパクトにまとまった3つのステージに期待するも、その目論見は異常気象とも言える11月の豪雨に吹き飛ばされてしまいました。屋根があるのはRoller Coasterのみ。雨が降ると他の2つは完全に進行がStopし、出演者も観客も逃げ惑うばかり。仮にも200バーツを取る有料イベントなのだから。もし朝から雨がずっと降り続いたらどうしていたのでしょうか? それもマイペンライで通せる?(事実イベントを終えてのアーティスト側の不満は昨年同様大きかった模様です)。
nigemadou
屋根の無いVikingステージ。ダーのコブシの入ったVoが聴き応えのあるエンドルフィンはLIVE中に豪雨に会い演奏中断、そのまま強制終了逃げ惑う観客(写真)はボクも含め、木の下で雨宿り。まだ観客も少なかったせいか、この頃は会場も何処となくホンワカムードでしたが。これから何度と無くこの突然の大雨かつ長雨に泣かされるのです! Roller Coasterからはパラドックスの♪可愛いブンちゃんの威勢の良い歓声が聞こえてきて、何だか取り残された気分で切なかった……
amayadori
13 11月

Fride Pride(フライドプライド)ほかファットフェスティバル5(バンコク2005)より/PLAYBACK!FAT FEST #2

日本のメディアが紹介するFAT FEST
福岡のLove FM76.1の番組Asian New StandardがFAT2日目の様子を紹介しています。番組DJがバンコクに取材が来る、ということでボクも注目していました。(ネットラジオの最大のネックでもある)音楽が一切聞けないハンデはあるものの、出演を終えたばかりのアーティストの声が聞けることでその臨場感の一端が感じられると想います(どこでインタビュー録っていたのかなあ)。
フライドプライド
そのインタビューにも答えている日本のタック&パティことFride Prideは女性ヴォーカル(SHIHO)にエレアコを弾く男性ギタリスト(横田明紀男)の二人組。
ボクがステージ前に行ったときは既に終盤、最後の3曲でしたがかなり盛り上がっていました。Ribbon in the sky(Sワンダー), Jumping jack flash(Rストーンズ), アンコールでclose to you(カーペンターズ)。何たってこんなギタリスト見たこと無いみたいな雰囲気で、観客が横田氏の超絶ジャズ・タッピング(フレットや弦を叩く)テクニックに口をあんぐり状態。この横田さん、ちょっと嫌味なほど練習されてるギタリストで(苦笑)、個人的にはもっとシンプルにガンガン、ダウンストロークでROCKっぽくやったらあの数倍盛り上がったようにも、なんて僭越なこと想ったんですが、そこはジャズ畑の方、最後まで上品にスマートに弾かれてました。タイのテクニカルギタリストって単に「速い」系の人ばかりですから、そりゃびっくりしますよ、タイの観客。(写真の横田氏の左指の開き方が違います、複雑なJAZZテンションコードの嵐)
タイの観客
日本のバンドではこのFride Prideが(音楽的には)一番印象に残りましたが、その他のトラベラーズ、ヒガシダトモヒロ氏のインタビューも11月14日からネット上で公開されるそうなので注目です。
でも音楽の入ったこのFM番組聞きたいなあ……福岡在住の方連絡お待ちしています
Translation Automatically
月別の記事
 
 
 
タイのホテル予約にどうぞ!
最近の記事
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
 
 
 
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
 
 
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!