taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

ベトナム

21 3月

ホーチミン(サイゴン)タンソンニャット空港の写真(2009年3月)Tansonnhat International Airport :SGN5

空港レター:IATAコードは「SGN」であり、ご存知の通りホーチミンの旧名サイゴンが由来。地元でもサイゴンの呼び方が通ってます。
タンソンニャット空港・国際線の新ターミナルは2007年9月オープンの真新しいもので、日本の ODA、つまり日本国民の税金により建設されたもので、決して杉良太郎のポケットマネーで出来たものではございません。
空港1F正面には日の丸とベトナム国旗が並んだ「この国旗は日本の ODAで建設され...」 とその旨が記されたメモリアルがあります。
1外観

空港の規模としては大きくありませんが、ガラス張りの新しい建物で気持ちよいです。首都ハノイの空港よりも機能的?

2横から見た空港

空港ターミナルを真横から見た写真。
右手に見えるスロープを上がって行った上階フロアーが出発ターミナル。地上階1Fが到着フロア。続きを読む »
27 12月

ホーチミン写真集(2008年12月)/my photographs in Saigon

行く前は相当緊張していた南ヴェトナムの街ホーチミン。
結論から言って、タイでの感覚とそれほど変わりなく動けるところであったかと、それは嬉しい誤算でした。また機会があればこのホーチミンを起点に違うベトナムの場所にもいってみたいかと(too touristyな場所を除く)。そんなホーチミン、写真もいろいろ撮って来ましたが…

1デタムを走る152番バス

上写真は安宿街デタム通りを抜ける空港からの152番バス。

3千ドン均一のサイゴンバスは使えます。152番以外だと01番(1番)。チョロンのビンタイ市場に行く時にぜひご利用を。
バス路線マップというのを結局入手できなかったのですが、もっと研究して乗りこなせばサイゴンの街を手軽に攻略するのに使えると思います。

サイゴンバスから見たバイク軍団


そのサイゴンバスから見たバイク軍団。毎日バイクパレードをしているようなもので正直なんとかならないか、と思う程の量。
ボクは街歩きの際、マスクをずっと付けてました。

公安の取り締まり

取り締まりをする公安を隠し撮り。取り締まられた方はしきりにお金を差し出してましたが、あまりに露骨な渡し方がいけなかったのか公安側は迷惑そうな顔をしてました。渡し方にもコツが居るんですね。

ブイビエン通りの両替 デタム通りにあった両替屋の看板。クリックして各レートをご確認ください。
両替はコンビニや旅行会社、GH、ホテル、宝石屋など色んな形でさりげなく展開している場合多し。地元の人に紹介してもらうのも手でしょう。この写真の両替は100ドル札のみ17,000VNDという形ですが、普通は1ドルからでもこのレートで両替してくれます。
有名なのはドンコイ通りとグエンフエ通りを結ぶ地域に散在した両替屋ですが、安宿街(ファングーラオ、デタム、ブイビエン)からは離れた地域です。レートも17,200VNDとほんの少し良い程度。100ドル変えても2万ドンの違いなら(17,000であれば)どこで両替しても問題ないでしょう。

今回良ーく分かったのは、ホーチミンの中心スポットはあくまでもドンコイであるということ(多数の日本人と出会う)。

ドンコイ通り手作りマップ


写真のドンコイ通りMAP(TNKトラベルジャパンさん作成)は楽しくて分かり易い。これでボクも一般的な日本人ツーリストになれた気がしましたw
シェラトン3FのJCB/ウェエンディーツアーさんのオフィス同様、現地に行ったら立ち寄り、ぜひ入手しましょう。

新カテゴリー:ベトナムで想う日々2008・ホーチミン続きを読む »
28 3月

バンコクからはアジアがよく見える!/GPA News letter Vol.505

バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.50に、プノンペンに行ってみた!を寄稿しました。
このニュースレターには他にも、つい先日タイに帰国したタクシン前首相のことを書いた「捲土重来 いまだ時期尚早」などの注目コラムもあり! 在タイ20年?MKさんのタクシン評は、見えにくい今のタイ政局を解くヒント、必読です。

改めて思うのは、バンコクは東南アジアのハブとなる街で、そこからはアジアの胎動が見えて来ます。先のブログでも書いた、大メコン圏経済協力プログラムでも分かるようにタイだけでなくカンボジア、ラオス、ベトナムといった国はこれからも様々な話題を日本に提供してくれる地域です。
日本には無い熱がそこにはある!! 注目して欲しいです。
21 3月

大メコン圏経済協力プログラム/Greater Mekong Subregion5

カンボジア、ラオスに開発の波 連携強めるインドシナ半島諸国(産経新聞)
カンボジア、ラオスのほか、中国、タイ、ベトナム、ミャンマーのメコン川流域6カ国は92年、アジア開発銀行の主導で「大メコン圏(GMS)経済協力プログラム」をスタートさせた。既存の道路を利用した幹線の整備や、通関の合理化などを推進している…
 インドシナ半島中央部を横切る「東西回廊」では、06年12月、タイとラオスを結ぶ第2のメコン架橋が開通した。半島を縦断する「南北回廊」でも、タイ・ラオスの国境に第3のメコン架橋が11年に開通する見込みだ。カンボジアのネアックルンに架かる橋も、半島南部を横切る「第2東西回廊」の一部である…

プノンペンに行ってみたかったのはこの幹線構想の中、カンボジアが立ち後れていくのでは?という懸念があったからでした。ラオスは2009年のシーゲーム(東南アジア五輪)開催など目に見えて目標がはっきりしていたので。
しかし実際に見たプノンペンには多いに活気が溢れていて、そこにこの記事。
アジア開発銀行が提唱した、大メコン圏(GMS)経済協力プログラムは大風呂敷ではありますがその流れは着実に現実化していると想います。
ベトナム-カンボジア-タイの動脈も第2東西回廊として認識されていたのですね。着実に進むラオスの状況と違い、カンボジアの道は相当テコ入れが必要だと想いますが。
今月末にはビエンチャンで第3回GMS首脳会議が開かれるとのこと。

タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、中国・雲南省…ミャンマーは現状圏外でしょうが
思想ではなく経済で結びつくインドシナ、今後も注目して行きたいです。
7 10月

ノックエアーがチェンライ、ウボンへも/nok air goes to HCMC!?5

Nok Air  地方便2ルート 新設スタート(まもあんのタイニュース)
 Nok Air は2007年10月1日からBangkok-Chiang Rai/Bangkok-Ubon Ratchathani 線を就航予定。使う機体はBoeing 737-400,156席の予定。
 また、11月には1日2便のスワンナプーム国際空港発ハノイ便を就航予定。機体はBoeing 737-800s 190席の予定。今後ホーチミン、マカオ、香港などを検討とのこと。
チェンライが最近人気になってきているのは良いですね。タイ北部で今後チェンマイに次ぐ都市としてますます注目されるでしょう。
何より!このニュースで待ちこがれるのはホーチミン(HCMC)への就航
エアーアジアがハノイに就航することでベトナムがグンと身近になったように(実際ボクも初ヴェトナムできましたし)格安航空は国と国を急接近させる力を持ってます。むろん安全第一!が大前提ですが。
ハノイとHCMCはまるで別の国、を確認しにNok Airで行ってみたい!!ホーチミン
Translation Automatically
月別の記事
 
 
 
タイのホテル予約にどうぞ!
最近の記事
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
 
 
 
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
 
 
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!