taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

コロナウイルス2020-21

31 8月

僅かな規制緩和へ。タイ国内感染者数1万5,972人、256人死亡(8月30日発表)

デルタ株の猛威は日本も相変わらず。
ただタイの凄まじい感染者増はようやく頭を打った感、少しだけ安心しています。

30日発表で国内感染者数1万5,972人、256人死亡。
256人死亡は少なく無いですね
、日本の数倍はあります。

重症 5,058人

行動制限の緩和に備えて、タイ航空便の再開も発表されています。
国内線や欧州路線などについて。

タイエアーアジアは 9月3日に運航再開。
バンコクエアウェイズはバンコクーサムイ、バンコクーチェンマイを9月1日に、
ノックエアーはドンムアン空港利用17ルートを9月1日にそれぞれ再開
するとのことです。

また、31日に不信任投票があるとのこと。こんな時期のアナーキーな反政府運動はどうも腑に落ちません。市民にそんな余裕など。
 
タイが平穏に再開していく事を心から願っています。本当に世界中の人がウィルスに翻弄されて、、、
(以上、NHK-BS 8/31早朝放送アジアニュースのデータより)
17 8月

【チェンマイにおける日本人専用接種 予約登録のご案内 8月17日】

この度、タイ保健省、在タイ王国日本国大使館・在チェンマイ日本国総領事館及び協力病院(チェンマイ・ラム病院、ラジャウェー・チェンマイ病院)の連携により、
チェンマイにおいても、日本人専用の新型コロナ・ワクチン予約受付・接種が始まることになりました

1.開始時期・対象者
(1)8月下旬から、タイ政府の方針に基づき、60歳以上の高齢者、7つの基礎疾患保有者(注1)及び12週以降の妊婦(注2)を対象に接種が開始されます。
(2)それ以外の方(18歳以上)については、上記2.(1)の優先対象の方の接種状況を見ながら、開始されます。
 
(注1)7つの基礎疾患は、タイ保健省のThailandIntervac.com(http://www.thailandintervac.com )に記載されている、(1)重症慢性呼吸器疾患、(2)心冠血管病変、(3)慢性腎不全(ステージ5)、(4)脳血管障害、(5)化学療法を受けている途中の担癌患者、(6)糖尿病及び(7)肥満(体重100kg以上又はBMI35以上)を指します。ThailandIntervac.comに2021年7月26日21時現在掲載の内容
(注2)タイ保健省のThailandIntervac.com(http://www.thailandintervac.com )において、妊娠12週以上の妊婦の方は、病院がワクチン接種を承諾した医療証明を携行しなければならないとされています。

2.接種ワクチン
アストラゼネカ

3.接種費用
自己負担なし。

4.登録方法
チェンマイ・ラム病院又はラジャウェー・チェンマイ病院いずれかのオンライン登録フォームに必要事項を記入し、直接登録を行っていただきます。登録後、各病院から登録者に対して、具体的接種日が通知されます。

> チェンマイ・ラム病院(Tel: 053-920300 内線4002)
https://zhort.link/cMt

> ラジャウェー・チェンマイ病院(Tel:052-011999 内線 777)
https://forms.gle/6hWVJNhTikB1FvVR6
続きを読む »
14 8月

タイ国内感染者数2万2,086人、217人死亡(8月14日発表)

国内の刑務所で新たに270人の感染が確認。

都県別の新規国内感染者数はバンコク都5,088人、
バンコク西郊のサムットサコン県1819人、南郊のサムットプラカン県1598人、東部チョンブリ県1254人など。
死者は20〜94歳の男性130人、女性87人で、タイ人204人、ミャンマー人10人、カンボジア人2人、スイス人1人。


【バンコク等における政治集会】
日時:8月15日(日)14時頃から18時頃まで
場所:
(1)民主記念塔→旧南部バスターミナル→バーンパラット交差点→ラーマ7世橋→ボロムラチャチョナニ交差点→民主記念塔

(2) アユタヤシティーパーク(ショッピングモール)のミニバス乗り場→ラーマイントラ8キロ地点交差点→ワットプラターンガオ交差点→ラートプラオ5叉路

(3)ラチャプラソン交差点→クロンタン交差点→プラカノン交差点→シーロム交差点→ラチャプラソン交差点

27 7月

タイ国内感染者1万5,376人(7月26日発表) 87人死亡1

日本も初の1万人越えになるのでしょうか?
それにしても刑務所での感染が収まらないのは何故?
タイ特有の問題としてしっかり覚えておくべきでしょうか。
 
コロナ禍も既に1年半、感染者数で大騒ぎになるのはそろそろ…
自分の命は自分で守る、国への過度な期待は…
 
国内の刑務所で新たに1041人の感染が確認。
刑務所を除く都県別の新規国内感染者数は
バンコク都2573人、バンコク西郊のサムットサコン県1074人、南郊のサムットプラカン県970人、
東部チョンブリ県867人、バンコク北郊のノンタブリ県719人など。
20 7月

タイ国感染者数、1万1,784人、81人死亡(7月19日)81人死亡5

9千人で高止まり出来るかと思ったら1万人越え。
日本人口の半分なのに1万人越え、とにかく命を守る、深刻な状況かもしれません。
100人が刑務所受刑者(いつまでこの"刑務所感染"が続くのでしょう?どんな衛生状態?)

クラスターは続き、
サムットサコン県の自動車部品メーカーで27人。
サムットプラカーン県の建設現場で101人!
チョンブリ県の飲料メーカーの工場で19人など報告されています。

風邪に効くとされる医薬品も買いだめされ貧困層の人たちが苦しんでいて(これは表に出ませんが子供の教育問題ども絡んでとても深刻なようです)バンコクのある寺が人々に薬草を無料で送付するという試みを始めたそうです。


IMG_9114



一方、タイの重要な産業でもある観光業再開、
「プーケット・サンドボックス」に続き「サムイ・プラス」も7/15から開始。
感染防止と経済を回す両輪、何とかタイには踏ん張って両立させてもらいたい。
日本も五輪と両立させる"試練の夏"を迎えます! 共に頑張りましょう!

プーケットに続き、サムイ島も海外観光客の受け入れを7月15日から再開した。
サムイ島は、タイではプーケットに次ぐ規模のビーチリゾート島で、近隣のパンガン島・タオ島も「サムイ・プラス」の対象に含まれる。
「プーケット・サンドボックス」とほぼ同じだが、それより少し厳しくしているという。
例えばプーケット・サンドボックスと異なり、14日を過ごした後でもサムイ・プラスではバンコクなどタイ国内の他都市に移動できない。
あくまでサムイ島・パンガン島・タオ島の限定施策。

タイがサムイ島でも海外観光客の受け入れ再開、「サムイ・プラス」(Samui Plus)


10 7月

タイ感染者数、あっという間に9,276人(7月9日)。首都圏ロックダウン決定。まずは命を守る行動を

タイ政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
バンコク首都圏の1都5県(バンコク、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットサコン、ナコンパトム、サムットプラカン)で7月12日から都市封鎖(ロックダウン)

1都5県で、ショッピングセンター(SC)、スパ、マッサージ店などを閉鎖。

SC内のスーパーマーケット、飲食店、銀行、金融機関、薬局、携帯電話修理販売店、ワクチン接種会場は午後8時まで営業を認める。

タイ、9日の新規感染報告9276人。
72人死亡、
バンコクで3000人超感染、地方でも感染拡大、、、

 
急激な感染拡大に言葉を失います。
まずは命を守る行動を。そのレベルかもしれません。

対策センターのフェイスブックには、
「もう検査も受けられない。実際は3万人か」
「第2のインドだ」
「(プラユット首相が掲げる4カ月後の外国人旅行者受け入れを再開方針を受け)4カ月後には全員死んでいる」

など状況を不安視するコメントが殺到。
首相の辞任を求める声も多い。

12日からバンコク首都圏ロックダウン 夜間外出禁止、SC閉鎖
| newsclip (健康・医療、医療ニュースのニュース)

6 7月

プラユット首相、7日間の自主隔離へ/Covid-19感染者6,166名(7月5日)

隔離無しで観光の楽しめる「プーケット・サンドボックス」開始の1日、現地に赴いたプラユット首相。
同行した関係者から感染者が出た為、検査で陰性であったにもかかわらず7日間の自主隔離へ入ることを表明

隔離先からリモートで首相としての仕事は継続するとのこと。

 
一方、連日過去最多の感染者数を更新するタイ。
7月5日の感染者は6,166人。
このうち刑務所でのクラスターが84人。

日本で今年一月に記録したのが7,500人ですから、日本の人口の半分のタイでこの数字は厳しいものがあるのでは無いでしょうか。病院、国家的な医療の体制次第だとは思いますが。

スクリーンショット


またツイッターでトップニュースとなったのは、バンコク郊外、サムットプラカーン県の化学工場爆発。
台湾資本の発泡スチロール製造工場
とのこと、スワンナプーム国際空港から3キロほどの場所、空港業務への影響は無かった模様。

ニュースが立て続けです。

【7月5日 AFP】タイ首都バンコクの国際空港に近いプラスチック工場で5日、爆発があり、火災が発生した。当局は、消防隊員1人が死亡し、27人が負傷したと発表した。

 爆発は午前3時(日本時間同5時)ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi Airport)付近にある台湾企業、明諦化学(Ming Dih Chemical)の工場で発生した。

救急当局が近隣住民の避難を急ぐ中、空高く立ち上った黒煙は35キロ離れたバンコクの中心部からも見えた

 軍幹部によると、住民には現場から少なくとも500メートル離れるよう、避難命令が出された。「爆発物が残っているかどうかは把握できていない」とされ、当局が引き続き消火活動に当たっているという。

タイ首都郊外の工場で爆発 消防隊員1人死亡、27人負傷



2 7月

コロナ禍のドイプイ、チェンマイ市内、モン族の村 2021年6月

コロナ禍、チェンマイの観光名所。
「今のドイプイは無名だった50年前のようです。農業に戻るのか、とにかく今は何でもやって生き延びるしかない」
タイMCOTニュース6月30日夜放送


1 7月

新規感染者4,786名、いよいよプーケット・サンドボックス計画開始なのに感染状況は悪化

なにやら五輪を直前にした東京のようになって来ましたタイ国の感染状況。
6月30日発表のタイ国内新規感染者数は4,786名。
死者は53人。うちバンコク死者だけで35人。

127名が刑務所での巨大クラスターで感染、バンコクの建設現場などでのクラスター発生も続き。
 
経済対策として掲げられた7月1日開始のプーケット・サンドボックス
ホテルの予約状況は悪くないようですが、タイ当局は、
「1週間に90人を超えるような感染者数、3つ以上のクラスターが発生するなどの状況が見られれば、プーケットサンドボックス計画は取りやめる」との見解を示しているようです。
 
6月30日夜タイMCOTニュース(NHK-BSアジアニュース)より。

24 6月

7月1日開始、「プーケット・サンドボックス」は突破口となるか?(外国人隔離なしでの受け入れ)3

タイのメディアで多く叫ばれるようになりました。
プーケット・サンドボックス
今も抗議運動が続くプラユット首相も、何らかの観光対策を出さなければ、と焦っている?
1日の感染者数が(日本よりも多い)3千人と高止まりしている中での打開策。
外国人が自国でしっかりPCR検査、陰性証明とワクチン接種証明があれば、タイでの隔離無しにプーケットに入れる、その2週間後にはタイ各地へ、というようなプランですが、
どれだけの高い山を登らなければならない(手続きの山)のか未知数、それでもタイに行きタイ方は、不都合な状況に遭遇しても(多いにあり得る)頑張ってみて下さい。
これが上手くいけば10月にはこのプーケットでのプランをバンコクにも適用して行く予定らしいです。

日本人がこのプランに対応できるとは考えにくく、
欧米人(ファラン)たちが押し寄せる10月以降のハイシーズンが「観光再生」の本命と見ます。


タイ プーケット、「プーケット・サンドボックス」(外国人隔離なしでの受け入れ)開始について
 | 観光産業 最新情報 トラベルビジョン

■ プーケット・サンドボックス とは
新型コロナウイルスワクチンを完全接種済みの外国人旅行者を隔離検疫なしで受け入れるシステムです。
外国人旅行者はプーケットで14日間を過ごした後、自由にタイ国内を移動できるようになる予定です。
◎ プーケットへ到着し、入島が許可された後のスケジュールイメージ
* 1〜4日目
 観光客は自由にプーケット内を移動することが可能です、、、、



タイ政府、ワクチン接種旅行者の受け入れを正式決定、7月1日から、出発前と到着後のPCR検査は義務化

|トラベルボイス(観光産業ニュース)


2 6月

大規模摂取に向かうタイ 「ワクチンが不足することはない」

タイとワクチンの現状。
ワクチンについては(日本と違い)中国が最大のフォロー国家との印象。
でも、タイ国民の本音は「中国のワクチンはできれば避けたい」という、
現実的な一面も聞いて、リアリティ有り過ぎ(プラユット首相も中国ワクチンは避けたとか???)。
 
さて大規模摂取、
政府の対応は日本もタイも似たり寄ったりだと思っていましたが、
この点ではタイは少々遅れを取っている印象です。
「ワクチン打ったらマスクと即オサラバ」みたいな欧米メンタルは日本人には到底なく、
2021年もコロナ禍であることは間違いなく、この状況にどこまで抗えるかは個人個人。
皆さんはどんな感じですか?


タイのアヌティン保健相は6月1日、アストラゼネカ製の新型コロナワクチンについて、当初の予定通りに6月中に600万回分を調達できる見通しだと明らかにした。
タイ当局は何回かに分けてアストラ製ワクチンを入手することになるが、第1弾は6月7日に届けられる予定という。

タイでは大量のワクチンが必要とされる大規模接種が間もなく開始される予定だが、プラユット首相は先に「タイが注文したワクチンは遅延なく届けられる予定であり、ワクチンが不足することはない」と述べていた。

アストラゼネカ製ワクチン 「予定通りに調達可能」と保健相


29 5月

バンコク・カオサン通り 2021年5月

2021-05-29 早朝放送 アジアニュース BS
かつて世界中の旅行者で賑わっていたバンコクのカオサン通り。
落ち込んだ業績をタイ正月、ソンクラーンで挽回しようとした目論見は、感染流行の第3波到来でついえました、、、

17 5月

感染状況、日本と似通った状態か。日本は6千人、タイは2千人で高止まり1

規制緩和しつつも、2千人で高止まりのタイの感染者数。
もどかしい、時が止まった状態が続きます、、、
自分たち身の回りでの行動、対策は何ら変わらない。
もう街は半分、その機能を有してないのだから!近寄る必要もない。
一喜一憂するのは余計なこと。

17日からバンコクで飲食店店内営業再開、タイ全土で酒提供禁止継続(newsclip)


タイ政府は15日の新型コロナウイルス感染症対策センター会議で、新型コロナ対策を17日から緩和することを決めた。

感染状況が最も深刻な最高厳重管理地区をこれまでの6都県から
バンコク都、バンコク北郊のパトゥムタニ県ノンタブリ県、南郊のサムットプラカン県の4都県に、

感染状況が深刻な厳重管理地区を45県から
アユタヤ県、カンジャナブリ県、ナコンパトム県、ペチャブリ県、プラジュワブキリカン県、ラチャブリ県、サムットサコン県、チャチュンサオ県、チョンブリ県、ラヨン県、ターク県、ナコンシータマラート県、ナラティワート県、ラノン県、ソンクラー県、スラタニ県、ヤラー県の17県に減らし、
その他の56県を管理地区に指定する。

17日からバンコクとその近郊3県で、店内営業を午後9時まで、持ち帰りを午後11時まで認める。
ただし、席数は通常の25%まで。

厳重管理地区では飲食店の店内営業を午後11時まで認める。

最高厳重管理地区と厳重管理地区ではコンビニエンスストアの営業時間制限(午前4時〜午後11時)を継続する。
6 5月

瞬く間に感染2千人超え、苦戦するタイ

静かなソンクランを経由しても感染拡大は止まらず。
やはり変異型ウイルスでしょうか。
日本同様先は見えず。ワクチンに活路を見いだすしか無いか。

新型コロナウイルス感染症対策センターは5月5日、新たに2112人の感染が確認されて累計感染者数が7万4900人、感染者15人が死亡して累計死亡者数が318人に増加したと発表した。
都県別の新規感染者数は、バンコク789人、ノンタブリ249人、サムットプラカン226人、チョンブリ110人など。

新型コロナ 2112人が新規感染 5月5日発表

1 5月

5/1から2週間、バンコクや北部チェンマイなど6都県で店内飲食を禁止

タイの1日の感染者1,500人、タイも苦しんでいる、そんな印象です。
そこでの、より強い規制「店内飲食禁止」
もしタイに住んでてこうなったら、基本的にキッチンがついてないアパートでの生活、どうしていけばと相当頭を悩ませることになるでしょう。
外食がタイの大きな楽しみ、それを奪われたら、、、


新型コロナ: タイ、バンコクなど店内飲食禁止 入国規制も再強化: 日本経済新聞

タイ政府は29日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、行動制限の追加措置を決めた。首都バンコクなど感染者が多い地域で5月1日から14日間、レストラン内での飲食を禁止する。

4月1日に緩和したばかりの入国規制も再強化し、入国者全員に14日間の隔離を義務づけ

バンコクや北部チェンマイなど6都県で店内飲食を禁止する。
対象地域の飲食店には午後9時まで持ち帰りと宅配に限って営業を認める。
政府は4月18日から全土で店内での酒類提供を禁じたが、感染拡大が収まらないため規制を強化する。バンコクで店内飲食が全面禁止になるのは、第1波が起きた20年3月以来だ

入国後の隔離は4月1日からワクチン接種や陰性証明書の提示を条件に、7日間もしくは10日間に短縮していた。外国から変異ウイルスが流入するリスクが高まっており、3月末までと同じ14日間に戻す。

タイは感染を比較的抑え込んできたが、3月下旬にバンコクのナイトクラブでクラスター(感染者集団)が発生し、英国型の変異ウイルスが確認された。4月中旬のタイ正月(ソンクラーン)に伴う旅行や帰省で、全国に感染が広がった

29日時点の累計感染者数は6万3570人となり、1カ月で2倍超に急増した。
16 4月

タイ国内、県をまたがる移動の自粛を(タイ外務省からの協力要請)

・16日、タイ外務省より、当地各国外交団等宛ての口上書をもって、県を跨がる旅行の回避等について、在留邦人の皆様への周知の要請がありましたのでお知らせします。

タイ外務省からの協力要請の内容は以下のとおりです。

1.県を跨がる旅行の回避及び、大人数が集まる活動への参加の自粛。なお、県を跨がる旅行が必要な場合は、同地域の最新の新型コロナウイルス感染状況及び予防措置を注意深く調べてほしい。

2.自身の健康状態のモニター。また最近の感染の多くは、バンコクの娯楽施設及びその周辺で発生しているの
で、右施設等訪問した方は、病院の医療従事者に完全なリスク歴を公開し、新型コロナウイルス予防・管理措置
(https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php)を厳格に遵守してほしい。

3.CCSAが発表する予防管理措置の遵守。

・在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、不急不要の外出を控え外出時には引き続きマスク着用・手洗い・うがい等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報をお願いいたします。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
14 4月

静かなタイ正月、ソンクラーン開幕 コロナとの戦い続く

静かなソンクラーン開幕。
医療従事者の方々は正月休みも返上、コロナと戦っています。
チェンマイでは「国際展示場」が臨時のコロナ病棟になっているのですね、事の重大さが伝わってきます。
タイの第3波がタイ正月、ソンクラーンを直撃しています。


【バンコク時事】水掛け祭りと呼ばれるタイ正月ソンクラーンが13日、3日間の日程で始まった。昨年は新型コロナウイルスの影響で事実上中止。今年も直前に感染が広がったため、水を掛け合う大規模行事は見送られ、静かに新年を祝った
 プラユット首相は事前に「ソンクラーンは身内だけで祝うように」と呼び掛けた。バンコク中心部の寺には市民が家族単位で訪れ、参拝した。
 タイではこれまで感染は比較的抑えられてきた。しかし、バンコクの歓楽街などで3月下旬、相次いでクラスター(感染者集団)が発生。12日の新規感染者は過去最多の985人で、13日も965人に達した。

9 4月

バンコク都等から各県への入境措置等に関する告示/ソンクラン行事の中止も続々?

・4月6日以降、国内複数県において、バンコク都を含む5県(バンコク都、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、ナコンパトム県、ノンタブリ県)からの入境者に対する隔離措置等を義務付ける告示が行われております。

・今後、他都県においても、各種措置が発表、変更等される可能性もあります。また感染状況拡大に併せ、越境禁止等の措置がとられる可能性もありますので、渡航先の当局が発信する情報に注意し、事前に宿泊先ホテル等に現地の状況を直接問い合わせるなど、最新の情報の確認に努めてください。

・4月9日現在、当館で把握しております、バンコク都等からの入境者に関し、当局への報告、隔離、検査といった各種措置を義務付ける告知をしている県は、以下の通りです。
ナコンラチャシマ県、コンケン県、
ブンカーン県、ロイエット県、ウドンタニ県、
サコンナコン県、ムクダハン県、ブリラム県、
スリン県、ペチャブーン県、ピサヌローク県、
プラチュアップキリカン県、
チェンマイ県、
ナーン県、ソンクラー県、スラタニ県

※各県の措置等については、県ごとに異なっております。一例ですが、ブリラム県等においては入境後の14日間の隔離を義務付けるなどしております。今後これらの措置等は、急遽発表・変更等される可能性もありますので、渡航前に限らず、渡航中であっても、各県や渡航先の宿泊先ホテル等に直接問い合わせるなど、最新の情報を確認してください。

・在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続きマスク着用・手洗い・うがい等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
21 3月

水掛けお祭り騒ぎは無し!伝統的ソンクラーン復活へ!カオサン4/13-15、パタヤ4/18-20

中止では無く、感染対策、そして伝統行事の復活。
個人的にはソンクラン時期には避難ばかりしていたことを思えば大賛成の案。
バスの中に水とか常軌を逸してるので!
でも、中止じゃなくて良かったですね!

どちらも名所
バンコクのカオサンロードは4月13から15日、
国際的観光地パッタヤーは4月18から20日とのことです!!

パタヤ市ではタイ国内観光客に向けて、来月のタイのソンクラーンでは4月19日に、例年10万人以上が参加して水をかけあう祭りの「Wan Lai」の実施を予定していましたが、水をかけあう行為やコンサートなどを中止にして、伝統的なタイ仏教のソンクラーン(水かけ祭り)にフォーカスした形で、来月の2021年4月19日に実施する方針を語りました。

具体的な案としては、パタヤのビーチロードで宗教的な工芸品などの文化的な展示を行い、祭りにのっとった食品販売などを行う事で、ソンクラーンのお祝いをする案となっています。

PJA NEWS
https://pattayaja.com/2021/03/20/19480/
13 3月

シノバックもアストラゼネカも摂取見送りのプラユット首相、これじゃあ…

首相に関しては、
その年齢が適してないと言うことですが、コレではタイにワクチン普及は、、、


【バンコク=岸本まりみ】タイのプラユット首相は12日、同日に予定していた英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスのワクチン接種を中止した。タイ保健省が発表した。接種後に血栓ができる複数の症例が欧州で報告され、死亡例もあるため。プラユット氏はタイで初めて同社製の接種を受ける予定だった。

タイ政府は同日「(同社製の接種を)調査結果が出るまで延期する」と表明した。一般国民の接種スケジュールが遅れるのは確実だ。

タイには2月下旬、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチン20万回分、韓国で受託生産されたアストラゼネカ製のワクチン11万7600回分が到着した。接種はシノバック製が先行して始まり、アストラゼネカ製は「品質確認が必要だ」(タイ保健省)との理由で後回しになっていた。

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は11日、アストラゼネカ製ワクチンを接種後に血栓ができる複数の症例が域内で報告され、調査をしていると発表していた。北欧など一部の国で接種が中断されたが、その時点で接種と症例との因果関係を示す形跡はなかったという。
Translation Automatically
月別の記事
 
 
 
タイのホテル予約にどうぞ!
最近の記事
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
 
 
 
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
 
 
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!