taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

対インラック政権・反政府デモ2013-14

8 5月

インラック首相失職を受け、反政府vsタクシン赤シャツ派のデモ再発か/タイ国内治安情勢について留意(2014年5月8日19時現在)

在タイ日本大使館からのお知らせ/緊急一斉メール
タイ国内治安情勢(2014年5月8日19時現在)

1 
昨日,反政府勢力(人民民主改革委員会・PDRC)は,
「5月14日(水)に予定していた大規模なデモ集会を5月9日(金)に変更し,同日より実行する。」と発表しました。
また,反独裁民主戦線(UDD:通称「赤シャツ・グループ」)のデモ集会は10日(土)に行われる予定です。
 
(1)人民民主改革委員会(PDRC)
○日時:5月9日(金) ※数日続く可能性があります。     
○場所:ルンピニー公園,パトゥムワン通りからラチャプラソンまでの周辺
(注)デモ集会については,ラチャプラソン近辺の商業エリアにも拡大して行われる可能性があります。

(2)反独裁民主戦線(UDD:通称「赤シャツ・グループ」)
○日時:5月10日(土)※数日続く可能性があります。     
○場所:バンコク都タウィーワッタナ区(ナコンパトム県とバンコク都との境界
;アクサ路とプッタモントン4路との交差点周辺)
 
2 
これまでデモ活動拠点及びその周辺では,爆発,発砲事件等による死傷者が出ています。
また,7日深夜から8日未明にかけても、バンコク都内数カ所で爆弾による爆発事件が数件発生しました。深夜,早朝の外出は出来る限り避けて下さい。
さらに,今後の政治情勢によっては,デモ活動が活発化することが見込まれ,
不測の事態発生の可能性も排除されませんので,引き続き集会やデモには近づかないように十分注意して下さい。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX:(66-2)207-8511
1 5月

政府支持及び反政府の両勢力が5/5バンコクで大規模デモ発表(2014年5月1日20時現在)

在タイ日本大使館からのお知らせ/緊急一斉メール

タイ国内治安情勢(2014年5月1日20時現在)
 1 昨日,政府支持及び反政府の両勢力は,次のとおり,大規模な集会の予定を発表しました。

(1)反独裁民主戦線(UDD:通称「赤シャツ・グループ」)
○日時:5月5日(月)数日に渡って継続する可能性もあります。      
○場所:バンコク都タウィーワッタナ区(ナコンパトム県とバンコク都との境界;アクサ路とプッタモントン4路との交差点周辺)
 
(2)反政府勢力
○日時:5月5日(月)      
○場所:バンコク都王宮前広場のエメラルド寺院周辺

 
2 なお,5日の反政府勢力のデモは,有名観光スポットの至近で行われる予定ですので,
当日,この近辺に行かれる場合は,くれぐれも御注意下さい。
  さらに,反政府勢力は5月14日(水)を決戦のDデーと発表しており,詳細は追って発
表される予定ですが,同14日以降に再び大きな反政府行動が見込まれます。
 
3 政府支持及び反政府の両勢力は,デモを継続しており,その活動は沈静化している状況にはありません。
  これまでデモ活動拠点及びその周辺では,爆発,発砲事件等による死傷者が出ております。また,今後の政治情勢によっては,こうしたデモ活動が活発化することが見込まれ,不
測の事態発生の可能性も排除されませんので,集会やデモには近づかないように十分注意
してください。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
  FAX :(66-2)207-8511
9 4月

デモもお休み、ソンクラン(タイ正月)2014は4月13日(日)から

実質土曜の4/12から企業のお休みは始まりますし…というか、もうお正月モード、フライングでもう水掛けは始まっている気がします。

とにかく気をつけて!

【絶対に行っておきたいタイのお祭り】ソンクラーンがマジキチすぎる!! - NAVER まとめ

そのお正月明けにはデモ合戦が待っているようで、
マジに「どっちが人を集めるのか、競争だ!」とチャトポン()vsステープ(反政府)、おおむねプロレスモードの様相で…具体的な日はまだ決まってない様ですがw


 シンガポール華字紙「聯合早報」の報道によると、タイ赤シャツ隊のデモ隊がバンコク近郊で行う政府声援集会は7日に解散した。赤シャツ隊のリーダー、ジャトポン氏は7日に赤シャツ隊が8日に家に戻るよう指示し、「我々はまず、家に戻り、水掛祭りを祝う。4月18日前後、本当の大規模デモ集会を行うと語った。
 赤シャツ隊10万人以上が7日に、バンコク近郊とナコーンパトムが接する地点で集まり、集会を開き、司法の圧力を受けているインラック政権を声援した。反政府デモが数ヶ月続いたが、赤シャツ隊の反撃は今回が最も強力である。

 反政府PDRCは同じ日にデモを行う。ただ、ジャトポン氏は「衝突を回避するため、赤シャツ隊の集会地点を相手から遠くする」と語った。

 タイ国家安全保障会議は「新政府デモ隊と反政府デモ隊が衝突すれば、当局は情勢を収拾する自信はない」と明らかにした。
 タイの最も権威のあるとされる調査機関「SuanDusitPoll」が行った調査の結果では、調査対象の69%は「タイの政治動乱は内戦を誘発しかねない程度に達している」、39%は「政治動乱がこれほど続く背景には、政治家の利権がある」と回答した。
 内戦の発生をどう防止するかに関し、取材対象者の48%は「新政府デモ隊と反政府デモ隊は平和交渉を行う必要があり、暴力を煽り立てる行動を取ってはならない」との認識を示した。

タイ赤シャツ隊がソンクラーン明けに大規模デモ実施 | 新華ニュース 中国ビジネス情報


18 3月

在タイ日本大使館からのお知らせ/「非常事態宣言」の解除(2014年3月18日20時現在)

在タイ日本大使館からのお知らせ 
緊急一斉メール/「非常事態宣言」の解除(2014年3月18日20時現在)
 

 18日,タイ政府は,3月19日を以て「非常事態宣言」を解除し,
国内治安法(ISA)に移行することを決定しました。
国内治安法は,4月30日までの期間であり,
また,適用範囲は,従来同様のバンコク都及びノンタブリ県の全域と隣接県の一部
となります。
 
2 
 他方,ルンピニ公園をはじめ,首相府,ガバメントコンプレックス,内務省等においては,
依然として反政府勢力による抗議活動が継続しています。
 

 反政府抗議活動の拠点,抗議行動,デモ集会等の周辺では,これまでにも警官隊と
の衝突,爆弾テロ,発砲事件等で少なからぬ死傷者が発生しており,今後も同様の事案
が発生する可能性があります。
ついては,引き続き十分注意願います。特に,深夜早朝のルンピニ公園周辺に出来る限り近づかないで下さい。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
電話:(66-2)207-8502,696-3002
FAX :(66-2)207-8511
3 3月

タイ反政府デモはルンピニ公園に"集約"、道路交通は正常化の見通し…

バンコクシャットダウン宣言から3ヶ月目(50日)、
今回一定のデモ縮小が見え収束かと思われつつも、地方や近郊では散発的な衝突で死者もでたり。
次の"節目"は4月のタイ正月ソンクラーンか。
まだまだ油断はできませんが、資金の切れ目がデモの切れ目?

タイ反政府派「バンコク閉鎖」解除へ 市民の不満に配慮

 タイの反政府派が2月28日、「バンコク閉鎖」をやめて首都の主要交差点から撤退すると発表した。デモが始まって4カ月、市民の不満の高まりに一定の配慮をしたようだ。しかし、反政府派幹部は、政府との対話による混乱収拾の可能性を否定した。

 バンコク中心部ではこれまで、4カ所の交差点がデモ隊に占拠された。デモ指導者のステープ元副首相はこれらの交差点から2日夜までに撤退し、オフィス街に近いルンピニ公園に移ると発表した。

 交差点の占拠から1カ月半余りがたち、近隣の商業施設の売り上げが落ち込むなど、市民だけでなくビジネス界からも批判が出ていた
 また、デモ拠点を狙った発砲や榴弾(りゅうだん)の撃ち込み事件が増え、この10日間で6人が死亡、うち4人が4〜6歳の子どもだった。
24 2月

ひとヤマ越えたと思ったら相次ぐ衝突で死傷者/在タイ日本大使館から、爆発・発砲事案に関する注意喚起(2014年2月24日現在)

在タイ日本大使館からのお知らせ 
緊急一斉メール/爆発・発砲事案に関する注意喚起(2014年2月24日現在)
 
1.
23日午後,バンコク都内中心部の商業地区に位置する反政府勢力の拠点
「ラーチャプラソン交差点」付近(伊勢丹デパート近く)で,子供を含む死傷者を伴う爆発事案が発生しました。また,22日,東部トラート県内でも同様の爆発,発砲事案が発生しています。
 
2.
反政府勢力は,パトゥムワン,ラーチャプラソン,アソーク各交差点,ルンピニ公園,
首相府,マカワン橋,パンファー橋,ガバメントコンプレックス,内務省等を中心に
抗議活動を継続しております。
 
3.
反政府活動の拠点,抗議行動,デモ集会等の周辺では,爆発,発砲事件等が
相次いで発生しており,今後も同様の事案が,発生する可能性があります。
アソーク交差点のように邦人の皆様の多くが,居住,活動する区域に隣接した所でも,
この種危険が存在します。
従って,不測の事態に巻き込まれる可能性も排除できませんので,
外出する際には,昼夜を問わず出来る限り近づかない等,十分注意して下さい。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX :(66-2)207-8511
19 2月

タイ日本大使館/緊急一斉メール(タイ治安当局と反政府勢力の衝突事案発生)

タイ警察、政府機関からデモ隊を排除 衝突で4人死亡 - 朝日新聞デジタル

タイの警察当局は18日、
政府機関を占拠している反政府派デモ隊の集中排除に乗り出した。
一部で衝突が起き、4人が死亡、60人以上が負傷した。

 警察がデモ隊からの奪還を進めたのは、

首相府、内務省、エネルギー省、民主記念塔、

北部近郊の総合政府庁舎の5カ所

政府機能を損ねている違法行為を取り締まり、正常化させるのが目的だとした。

デモ隊が「バンコク閉鎖」と称して占拠する都心の主要交差点などは対象にしなかった。これらの交差点ではデモ集会が続いた。

治安当局と反政府勢力の衝突事案発生
に関する注意喚起/2014年2月18日現在



 18日,パンファー橋(民主記念塔周辺)において,
治安当局と反政府勢力による死傷者を伴う
衝突事案が発生しました。


 現在,反政府勢力は,首相府等の拠点を中心に
抗議活動を行っており,周辺では,
爆発,発砲事件等が発生しています。
今後も,治安当局と反政府勢力との
衝突事案が発生する可能性も
あります。



 外出する際には,反政府活動の拠点,抗議行動,デモ集会等の予定されている
周辺には,出来る限り近づかない等,十分注意して下さい。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX :(66-2)207-8511
6 2月

開催されるなら良しとすべきか(2/15トヨタプレミアカップ、バンコク郊外に会場変更)


 2月15日にバンコクで開催されるサッカーの親善試合「トヨタプレミアカップ2013」の会場が、反政府デモの影響で、都内のスパチャラサイ国立競技場から、バンコク郊外のタマサート大学ランシットキャンパスのタマサートスタジアム変更された。

 J1の名古屋グランパスエイトとタイ・プレミアリーグの強豪ブリラム・ユナイテッドが対戦する。キックオフはタイ時間の午後5時45分。タイの地上波テレビ局チャンネル3が生放送する。

 チケット販売は試合当日の午後1時からで、メインスタンド屋根あり席200バーツ、屋根なし席100バーツ。日タイ交流の一環として、無料のチケット引換券をバンコク都内のスクムビット、シーロム地区の日本料理店などで配布し、試合当日、スタジアムの日本人窓口でチケットに交換する。

サッカーのトヨタプレミアカップ、バンコク郊外に会場変更| newsclip (ニュース、社会のニュース)
1 2月

COUPの心配はなくなった? タイ2/2総選挙の行方…2/15グランパスvsブリーラムは大丈夫ですかね


タイ軍が2/2総選挙控え首都配備の兵士数を増加へ、治安監視強化
[バンコク 30日 ロイター] -タイ軍は30日、来月2日の総選挙を控え、首都バンコクに配備する兵士の数を増やすと明らかにした。政府は、反政府派が投票を妨害しようとすれば暴力を封じ込めることができない可能性があると警告している。
 軍のウィンタイ報道官はロイターに対し、「暴力を扇動しようとする人々がいるため、治安監視支援のためバンコクおよび周辺に既に配備している兵士5000人に加え、抗議活動拠点の周辺で兵士を増やすだろう」と述べた

東京新聞:政府とデモ隊、攻防土壇場  タイ総選挙あす投票:国際(TOKYO Web)
【バンコク=寺岡秀樹】反政府デモによる混乱が続くタイで、総選挙が予定された二日を控え、実施に向けて準備を進める政府と、選挙延期を求めるデモ隊がギリギリの攻防を続けている。デモ隊が首都バンコクやタイ南部で選挙を妨害しようとするのは確実。
選挙が実施できたとしても国会招集は数カ月後になるとみられる。今後の見通しが全くたたないまま、投票日を迎えることになる。
 地元メディアによると、デモを主導するステープ元副首相らは、政府の治安担当者らが三十一日に求めていた面会を拒否。政府は選挙を妨害しないよう要請する予定だったが、説得工作は失敗に終わった。バンコクでは三十一日もインラック首相の退陣や選挙延期を求めるデモが行われた。

名古屋vsブリーラムはこのままいけば行なわれますかね。

2月15日土曜日 17:45キックオフ
バンコク/スパチャラサイ国立競技場
サッカー親善試合「トヨタプレミアカップ2014」
J1名古屋グランパスエイトvs
タイ・プレミアリーグ強豪ブリーラム・ユナイテッド
チケット
屋根付き席200バーツ
屋根なし100バーツ。
26 1月

もはやクーデター不可避? 2/2総選挙を強行すれば軍介入は避けられない?

タイのクーデターによる政変はお家芸…
あまり調べたことはなかったのですが、
現在の立憲君主制になってからでも1932年、以下33、47、51、57、58、71、76(10/6血の水曜日事件)、77、91年とクーデターが続き、
92年にプミポン国王の前にスチンダ首相とチャムロン氏が跪く、あの有名なシーンがありましたね。

その後となれば記憶も新しい2006年9月19日(タクシン政権崩壊)、前回から15年とかなり時間が空いてのCOUP、あれから7年あまり…

今回ほど、クーデター? クーデター!?と騒がれるのは…逆に騒がれると無いような…
タイ国民の心境は複雑だと想います。

クーデター反対が5割超=タイ世論調査

【バンコク時事】タイ英字紙バンコク・ポスト(電子版)が24日伝えたバンコク大学の世論調査によると、反タクシン元首相派による反政府デモが続く中、暴力がエスカレートしてさらに死傷者が出た場合、国軍によるクーデターを支持するか尋ねたところ、反対が56%で賛成の21.6%を大きく上回った
また、総選挙について予定通り2月2日に投票を行うべきかどうかの問いでは、51.5%が「実施すべきだ」と回答。ステープ元副首相ら反タクシン派が唱える「選挙の前に改革を行うべきだ」は28.1%、「延期すべきだ」は20.4%だった。
調査は21〜23日、全国の18歳以上の1018人を対象に実施された(01/24-19:17)
22 1月

1/24 バンコク非常事態宣言の発動に伴う注意喚起1

不謹慎承知の上で書くと、
えまじぇんしーこーるキターーーーーッ! って感じでしょうか。
2010年の赤服デモ・バンコク市街戦、あれ以来の発令です。

60日間と言えばハイシーズン丸々、観光業の方々の暗い顔が浮かびます…

非常事態宣言が出たから、どうなの?何も変わってない、では無いのです。
非常事態宣言が出た時点でアウトなものはアウト。
世の中はそれに基づいて動いて行く…
最悪のシナリオを想定しての行動を!


在タイ日本大使館からのお知らせ 緊急一斉メール

非常事態宣言の発動に伴う注意喚起(2014年1月22日午前3時発信)
 
タイ政府は,21日夕,バンコクに非常事態宣言を発動しました。
期間は22日から60日間,対象地域は,これ迄のISAと同じくバンコク及びノンタブリ
県の全域と一部隣接県
とされています。
この非常事態宣言は,非常事態令に基づくもので,治安維持の為,政府に大きな権限を与えるものです。
非常事態令は,外出や集会の禁止,情報流布や交通の制限等の措置をとる可能性が列挙されています。
現時点で,政府として今後如何なる措置をとるかについては明らかにされていませんが,
今後の情況次第では新たな治安強化措置をとる可能性もあり,関連情報には十分注意をお願いします。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
電話:(66-2)207-8502,696-3002
FAX :(66-2)207-8511

14 1月

"BANGKOK SHUTDOWN"延長戦へ…1/14も抗議行動の見込み、やれやれ

2008年11-12月の「空港封鎖」は国際的な非難を浴びたので、
せめて「主要交差点封鎖」で抑えよう、ということか。
しかしよくお金が続きますねえ…「お金あるモノ同士の綱引き」に動員されるタイ国民。
終わりはいつなのか。


とりいそぎ軟着陸すべきだと想いますが…
道義的是非はともかく、もうインラック辞任しかないでしょうか、
一般的にはありえない展開ですが、それがタイ式…ってありえないんですけどしょうがないですよねこんなのでは。


反政府デモ隊は軍事クーデターを望み、インラック政権は軍と警察を巻き込み選挙決行-政権維持でここを乗り切り、しかし軍はそれらにまきこまれたくない。そして国王は…最悪の状況を想定した行動を!

バンコク閉鎖目前で今起きていること、そして今後起こりうること


バンコク幹線道路は閑散 閉鎖デモ、経済への打撃懸念
朝日新聞デジタル

タイの首都バンコクで13日、反政府派による大規模デモ行動「バンコク閉鎖」が始まった。都心の主要道路が封鎖され、車通りが途絶えた一方で、占拠された交差点にはインラック首相の辞任や総選挙の拒否を叫ぶ群衆があふれた。一部参加者の暴徒化への不安と、長期化による首都機能のマヒや経済打撃への懸念が深まっている。
9 1月

1・13 バンコク・シャットダウンに注意せよ!(13日以降のタイ入国管理局の窓口業務について)5

January 13,Shutdown Bangkok!

反政府勢力が1月13日、バンコク封鎖を宣言!

兎に角最新情報を入手すること、
あとは…もうバンコクに近付かないこと…

観光立国タイ、稼ぎ時のハイシーズン1月、各方面大打撃でしょう。


- - - - - - - - - -

在タイ日本大使館からのお知らせ/緊急一斉メール

13日以降のタイ入国管理局の窓口業務について(2014年1月9日現在)
 

 タイ入国管理局は,反政府勢力が1月13日(月)にガバメントコンプレックスに近接
した場所で抗議活動を予定していることから,
同日(13日)より状況が改善するまで当面の間,
下記の2カ所の入国管理局事務所においても,日本人を含めた全ての外国人に対して,
滞在許可取得等の窓口業務を行うとしています。
(注)通常,下記の2カ所の事務所においては,ラオス,カンボジア,ミャンマーの3ヶ国
のみを対象として窓口業を行っています。
 

 なお,ガバメントコンプレックス内の入国管理局事務所については,13日以降窓口
業務を行うかどうかは,現時点では未定とのことです。詳しくは,下記問合先にご確認
下さい。
 
【入国管理局事務所】
所 在 地:
(1)「メジャー・ハリウッド・スクサワット1階」
Major Hollywood Suksawat / Suksawat Road, Ratburana, Bangkok
http://www.majorhollywood.co.th
※今回,新たに設置され,場所はラートブラーナ区ソクサワナート通りです。
 
(2)「ビックCラートプラオ店5階(インペリアルワールド・デパート内)
Imperial World Ladprao / Big C 2539 Soi Ladprao 81-83 Ladprao Road,
 Klongjaokunsingh,Wangthonglang, Bangkok
http://imperialladprao.com
※最寄駅:MRTラートプラオ駅
昨年12月に一時使用していた場所です。但し,最寄り駅であるラートプラオ駅周辺に
おいても抗議活動が予定されていますので,お出かけの際には十分ご注意ください。
 
業務時間:10:30〜18:30
業務内容:滞在許可取得及び延長,90日レポート,旅券切替・紛失に伴う出入
国管理業務他
問 合 先:1111
http://bangkok.immigration.go.th
 
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
25 12月

タイ政府が「国内治安法」適用期間を2014年3月1日まで延長/つまり「年をまたいでタイの政治混乱、デモは続く」1

つまり「来年もタイの政治混乱、デモは続く」ということ…悲。

在タイ日本大使館からのお知らせ/緊急一斉メール(2013-12-25-19:00)
 
「国内治安法(ISA)」適用期間の延長
 
1 
タイ政府は, (1)バンコク都内全域,(2)ノンタブリー県全域,
(3)サムットプラカーン県の一部(バーンプリー郡のみ),及び
(4)パトゥムタニ県の一部(ラートルムゲーオ郡のみ)に対して発出していた
国内治安法(ISA:Internal Security Act」の適用を,
明年3月1日まで60日間延長することを発表しましたので,お知らせします。
 
2 
同法の発動により,(1)一部交通手段の制限,(2)移動規制,(3)検問所の設置,
(4)武器類所持禁止,(5)公共施設への立入制限,(
6)安全確保のための電子機器の一時使用禁止等
といった様々な規制が課される可能性があります。
 
3 
さらに,在留邦人及びタイに渡航を予定される方は,
これまでバンコク都内において反政府勢力による抗議行動が行われてきておりますので,
今後とも報道等を通じ,最新情報の入手に努めてください。
抗議行動が行われている地域の周辺にお出掛けの方は,安全確保に十分ご注意ください。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
 
11 12月

タイ下院解散、2014年2月2日の総選挙決定/もはやデモは思想ではなく"お仕事"2

9日(月)タイ下院解散、2014年2月2日の総選挙決定。
しかし25万人以上が反政府デモに参加し10日午後も首相府周辺などで約6500人(警察発表)が座り込みを続け、インラック首相の即時退陣を叫ぶ(←だだをこねる)。

首相は10日の記者会見で「同じタイ人なのになぜ私たち(タクシン氏一族)を追い出そうとするのか」と涙ながらに訴える。
「私はできる限りの譲歩をした」と語り、デモ隊に抗議運動をやめ、総選挙に参加するよう訴えた。

しかし民主党は来年の総選挙に参加するかどうか発表していない(このまま総選挙ではまたインラックが首相に戻ってしまうので…)

やれやれ…(by ハルキ・ムラカミ)

金もらってデモ、投票はタクシン派にというタイ : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

バンコクのスラム地区クロントイで昼間からビールを飲む労働者の脇に、与党タイ貢献党の看板が立つ。
「ここの地区はみんなタクシン(元首相)派だけど、反政府デモにも参加している」
バイクタクシー運転手のニットさん(48)が語る。

デモに参加すれば反政府派から500バーツ(約1600円)、
バイクの後ろに誰かを乗せて参加すれば700バーツ(約2200円)がもらえるのだという。
だが選挙では「貧乏人に優しいから」と、タクシン派に投票すると明かす。

チェンマイ大学のポール・チェンバス研究員(政治学)は「金目当てのデモ参加者が多いのも事実だ」と指摘する。
8 12月

反政府抗議デモ(12/9に関する注意喚起)-2013年12月8日21:00現在-

反政府抗議デモ(12/9に関する注意喚起)-2013年12月8日21:00現在-

1 反政府勢力は,「明日(9日),午前9時半頃,全国において,統一デモ行動を行う」旨の声明を
発表しました。特に,バンコク都内においては,首相府を目標にスクムビット通り等で,
徒歩,車両等による抗議デモが実施される予定です。
主要な抗議デモ進行ルートは,以下の通りです。
 
抗議デモ進行ルート
(1)ガバメントコンプレックス(ウィパワディーランシット→戦勝記念塔→ラーチャウィティー通り→首相府)
(2)SCBパーク(ラチャダピセーク通り→フォーチューンタワー→戦勝記念塔→パヤタイ通り→シーアユタヤ通り→大理石寺院→首相府)
(3)スクムビット地区(エカマイ→スクムビット→パラゴン右折→ペッブリー→首相府)
(4)サートン地区(サートン橋→ジャルンクルン通り→ラマ4世通り→プラーンルアン通り→首相府)
(5)財務省ラマ6世(財務省→ラマ6世→キヤガイ交差点→テーウェー交差点→教育省→首相府)
(6)民主記念塔(→サトリーウィッタヤ校→ワンデーン交差点→首相府)
(7)民主記念塔→サナームルアン→ビンクラオ橋→ジャルンサニットウォン通り→バーンプラット交差点→首相府)
(8)シーロム地区(シーロム→ラマ4世→ワンブラパー交差点→競馬場→首相府)
(9)貢献党(貢献党本部→ペッブリー通り→首相府)
 
2 在留邦人及びタイに渡航を予定される方は,今後とも報道等を通じ,最新情報の入手に努めてください。デモ隊の進行ルート等多数の人が集まる場所には,決して近付かないようにしてください。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502、696-3002
  FAX :(66-2)207-8511
7 12月

12/9から反政府デモ再び本格化か、発砲、爆発などで負傷者も。日本人はデモ近辺には近付かない様

在タイ日本大使館からのお知らせ 緊急一斉メール(12/7、午前3時配信)

反政府勢力の今後の動向に関する注意喚起(2013年12月6日22:30現在)
 
1. 12月6日、反政府勢力は
「12月9日(月),午前9時半頃,全国において,統一デモ行動を行う」旨の声明を発表し,
バンコク都民は首相府へ,その他国民は各地方庁舎へのデモ抗議行動への参加を呼び掛けました。
 
2. 5日夜から6日未明にかけ,
反政府勢力の拠点である民主記念塔,財務省,政府合同庁舎の周辺で,発砲,爆発等による重軽傷事案も発生
しています。
 
3. 在留邦人及びタイに渡航を予定される方は,
今後とも報道等を通じ,最新情報の入手に努めてください。
外出される場合には十分注意して,デモ抗議活動場所,デモ隊の進行ルートには決して近付かないようにしてください。
 
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502、696-3002
  FAX :(66-2)207-8511

- - - - -

反政府グループと暴走族が衝突、2人負傷 2013-12-6

続きを読む »
5 12月

「タイ国民は団結せよ」、プミポン国王が誕生日で演説

「タイ国民は団結せよ」、プミポン国王が誕生日で演説


「タイが平和なのは全ての人々が一丸となって取り組んでいるから。
タイ国民1人1人がこれを認識し国家の利益のため自らの務めを果たさなければならない。
その利益とは国の安定と治安
と演説

続きを読む »
4 12月

12/5タイ・バンコク/プミポン国王誕生記念祝賀行事に伴う注意喚起(2013年12月4日23時)

在タイ日本大使館からのお知らせ 緊急一斉メール(12/4 23:00)

国王誕生記念祝賀行事に伴う注意喚起(2013年12月4日17:00現在)
 
1 本日(4日),反政府勢力は,引き続きデモを行い,一時,タイ国家警察本部を占拠し,
同勢力は,現在も,引き続き,民主記念塔,財務省,政府合同庁舎の拠点を維持しています。
 
2 明日(5日)の国王誕生記念日は,タイ国内全土(ホアヒン等)で祝賀行事が行われます。
バンコクにおいては,王宮前広場にて祝賀行事が行われます。
また,反政府側も拠点にしている民主記念塔,財務省,政府合同庁舎(ガバメントコンプレックス)の3カ所において,大規模な慶祝行事の実施を呼びかけています。
同周辺地域には相当数の人の参集が見込まれ
場合によっては,不測の事態に至る可能性もありますので,十分ご注意ください。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502、696-3002
FAX :(66-2)207-8511
1 12月

ついに死者、バンコク反政府デモ隊は「首相府占拠」と「12月1日勝利宣言」を目指す(闘争から衝突へ)1

 タイのインラック政権打倒などを訴える反政府デモ隊は1日、首都バンコクで大規模行動を計画。首相府などを占拠すると予告しており、警官隊との衝突が懸念され、緊張が高まっている。
 バンコクでは30日、デモ隊の一部と政府支持者の間で小競り合いがあった。その後、同じ地域で発砲があり、警察当局によると1人が死亡、5人が負傷した。一連のデモに関連した初の死者とみられる。
 デモを主導する野党民主党のステープ元副首相は、首相府などを占拠し「12月1日を勝利の日とする」と宣言している。
 政府は首相府周辺地域に有刺鉄線やブロックを配置しているが、さらに警官隊などを増やして対応。デモ隊が強行突破を図れば、さらに死傷者が出る恐れもある。(共同)

いつまで続くのか?
まず12月5日(木/祝日)国王誕生日はデモ隊は動かない。
そして、12月12日(木)今回のデモ先導者ステープ氏とアピシット前首相の裁判
ここまでに政府(親タクシン政権)を倒したい(倒したいって言っても選挙で選ばれた人をデモ起こして引きづり降ろそうなんて選挙の意味は…)
3年半前とは逆の立場で、衝突は避けたい政府もこのまま黙っているわけには…
予断を許さない状況は続きます。楽観視は禁物です。


Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!