taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

チェンマイからビエンチャンへ2009

25 12月

夜行バスがウドン(ウドーンタニー)に到着するも...(チェンマイからビエンチャンへ2009)VIP Bus: from Chiang Mai to Vientian2

空路のチェンマイ=ウドン便が2010年から再開されるとはいえ、やはり移動の要は夜行バス。
このバスを利用してのラオス入り。ウドン到着が何時になるか、というのが最大のポイントでしたが、国際バスへの接続は非常に難しい、というのが印象です。
その朝からのドタバタを再現すると…

朝7時にウドン第2ターミナルに到着してくれれば、という淡い期待もむなしく、VIPバスは7時50分に到着。この時点で8時発のウドン第1ターミナルからのバスは諦め、ノンカーイ9時半発に切り替える。
ビエンチャン入りに使うのはウドン発あるいはノーンカーイ発の国際バス、これ以外の選択肢は考えてなかった(とにかくスムーズ、トゥクトゥクなど値段交渉のわずらわしさもなく、なおかつ安い、ので)。
ノーンカーイ行きのバスは8時20分発、1時間で着くといういうが、普通のローカルバスなので途中でもお客さんを拾うだろうし、時間通りでも10分前ではギリギリ過ぎる。
「そうだ、途中ノンストップのバンコクからのVIPバスに乗り込めば…」
トゥクトゥクの運ちゃんも賛成してくれ、大急ぎで街道沿いのバス停留所に移動。
しかし悲しいかなそこに居たのはウドン=ノーンカーイのさっきよりもちょっと大き目のバス。運転手は「8時半出発で1時間で着く」、これではさっきと同じ。
他のバスを待つもVIPらしきものは来ない。深いため息。とっさの試みもここでジ・エンド。9:30のノンカイ発に乗り遅れれば次は12:30となり、そうなれば自力での国境越えしかない。このままウドンで10:30国際バスを選択する。

6番のソンテウ(10バーツ)と20バーツのトゥクトゥクを乗り継いで、のんびり町の中央ウドン第1ターミナルへ。結局1時間ほど時間をつぶしましたが、丁度良い休憩時間になったし、何より10時半発の国際バスにチェンマイ便で同乗したラオス人が乗っていたことで、これが順当な選択肢とも感じました。
結論から言えばチェンマイからウドン、ウドンからビエンチャンという繋ぎは非常に不便。タイのビザを取りに午前にビエンチャン入りを目指す人は国際バスなしでの自力入国が必要になるでしょう。ウドンにもっとはやく到着してくれればなんとかなるのですが。

なお地元の人たちはバスターミナルを「ボーコーソー1(ヌン)」「ボーコーソー2(ソーン)」あるいは「ボーコーソーガウ(旧、古いという意味)」「ボーコーソーマイ(新しい)」と言い分けています(どうやらもうひとつウドンにはバスターミナルがあり、なかなかウドン攻略は難しそうです)。

参考:
国際バス時刻表/ウドーンターニーからビエンチャン
8:00, 10:30, 11:30, 14:00, 16:00, 18:00の1日6便。80バーツ。
国際バス時刻表/ノンカーイからビエンチャン
7:30, 9:30, 12:40, 14:30, 15:30, 18:00の1日6便。55バーツ+手数料5バーツ。

カテゴリー:チェンマイからビエンチャンへ2009
25 12月

チェンマイからビエンチャンへの夜行VIPバス(チェンマイからビエンチャンへ2009)VIP Bus: from Chiang Mai to Vientiane5

チェンマイアーケード・バスターミナルで事前に購入しておくことが安全でしょう。
13番、14番窓口がウドン行きを扱っています。
チャクラポンツアー(CHACKRAPONG TOUR)ともう1社が運行しているようですがVIPバスを交互に出すなど協力関係を結んでいるようです。
チャクラポンツアーの係りの人に書き留めてもらった運行時間は(2009年12月現在で)
偶数日
12:20PM 2nd class 午前3時到着(409バーツ) 
14:30PM 1st class 午前4時到着(526バーツ)
19:00PM 2nd class 午前7時到着(409バーツ)


奇数日
12:20PM 2nd class 午前3時到着(409バーツ)
14:30PM 1st class 午前4時到着(526バーツ)
20:00PM VIP    午前7時到着(409バーツ)


チェンマイからは偶数日でもう1社が20時発のVIPを用意してました、ですが、ウドン発では同日2nd classしかなし。2nd Classは車内にトイレが無く、冷房も強いので防寒対策が必要、そして殆ど各駅停車状態で乗客が乗り降りしていきます。
経由地はチェンマイ=ランプーン=ランパーン=ウタラディット=ピサヌローク=ルーイ=ワンサプン=ノーンブアラムプー=ウドーンターニーと表示されています。 続きを読む »
17 12月

ノックエアー(Nok Air)チェンマイからウドーンターニ(ウドン)便、2010年1月より再就航 Departure Chiang Mai to Udon Thani : www.nokair.com5

チェンマイからビエンチャン(ラオス)を目指す際の大きな交通手段、空路ノックエアーのチェンマイ-ウドーンターニー(ウドンターニー)便が2010年1月17日より再開されます。

nokair Daily Flight :
DD957 チェンマイ 15:20 ウドン 16:40
DD958  ウドン 17:00 チェンマイ 18:20


タイ滞在ビザ取得などビエンチャンはタイから訪れることの多い町。そのビエンチャンに最も近い空港がウドンターニー空港。
バンコクからは空路、鉄道、夜行バス、ツアーバスなど多種ありますが、チェンマイからは夜行のVIPバスがあるくらい。非常に不便!
需要の問題はあるかと思いますがチェンマイ在住外国人には是非継続して欲しい路線です。

既にノックエアーのウェブでは搭乗券発売中。
http://www.nokair.com/

参考:ノックエアーのチケットをセブンイレブンで/call 1318, nok air(2005年)

なお現在ラオス航空ではビエンチャン-ルアンプラバン-チェンマイという路線もありますが、料金もチェンマイから1日1便1区間片道4000バーツ以上、手軽な移動手段としては現実的な選択ではありません。
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!