taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

ベトナムで想う日々2007・ハノイ

31 7月

ベトナム、バイクのバックミラーが無い!ハノイの想い出/days of HANOI -3- on the street

アジアカップ2007がイラクの優勝で幕、鮮烈な思い出となったハノイでのこともそろそろ一区切り、そういいながら今ベトナム関係の映画をTUTAYAで借りて見たりしてますが。
このブログ上でのハノイ特集は今回で最後ということで。

べトナムといえばバイク。
タイでは車がバイクを蹴散らすけど、ベトナムは「数の力」でバイクが車以上の存在感を示す
そして鳴り止まないクラクション。「あんなに鳴らしたら意味無いだろ!」「ただウルサいだけ!」
そんなことを言ってたらベトナムには1分と居られない……
1_bikes

ベトナム(ハノイ)について1枚写真を選べ、と言われればボクならコレ
輸送中のバイクではない。これが標準仕様。どうやらバックミラーはオプション販売のよう。こんなバイク集団が堂々と通っている道路なんか、走りたくない。
そんなことを言ってたらベトナムには1分と居られない……
2_millees

このようなピカピカのスクーターにも見事にバックミラーなし。
ミラーが付いていたとしてもそれは顔を確認する「化粧鏡」用だそうだ。
3_miller

ハノイの中心部・旧市街(ホエンキエム湖近辺)にあるホテルはみんなこんな間口の狭いスタイル。エレベーターは無いからなるべく下層が便利。US7ドルから20ドルが中心価格。貧乏旅行者でも10ドルは出した方が良いと思う。
4_hotels

一時期とても流行したベトナム・コーヒー。知らずにブラックを注文するとカップの底に溜まってるはずの練乳が無く、えらい苦いコーヒーになってしまった。大失敗!
今度は美味いコーヒーを飲んでみたい。そんな精神的余裕を持ってヴェトナムと再会したいもの。
5_coffee

ベトナム、また必ず行く機会があると想います。その場合、多分ホーチミンになるでしょう。
やっぱり南と北は違う国……(ハノイ写真集・了)
27 7月

ハノイでは路線バス・ハノイバスに乗ってました/days of HANOI -2- communism in VIETNAM

オシムJAPAN、ハノイ(ベトナム)5試合目でまさかの敗退。やっぱりハノイには魔物が……
気を取り直してハノイの日々振り返り、続きです。ネタとしてはかなり持ってますよ、ハノイ・ネタ、どっさり。

少しだけ街攻略が出来たと感じたのがこの路線バスhanoi busに乗り慣れたこと。スタジアムにもこのバスで2度乗り込みました(3000〜5000ドン)。実はノイバイ空港に行くのにも使える。乗り心地はタイのそれよりも上。車種も新しく、静かです(意外)。
1_hanoibaus

ハノイビールは美味かった(1万ドン・70円)。サンドイッチとの組み合わせはラオビールを思い出しますが、味は良い勝負。サンドイッチも美味しい店を見付けることがポイントですね。
2_hanoibeer

現地で一番食べたのがブンチャー
ヴェトナム語はタイ語と違ってアルファベット表記なので看板は簡単に分かる。だけど攻略はタイ食堂より難しい気がする……
4_buncha_kanban

米の麺を焼肉の入ったタレにつけて食べる。味は良い。食べ応えは少ないが(1万〜2万ドン)。何処でも美味しい、というわけではない。良い店をいかに効率的に見付けるか、情報入手が重要になる。
3_buncha_up

共産主義、中国的な政府制作イラストが街の至る所に。カーキ色の公安警察同様、何か息苦しさを感じる、と言ったら偏見か?
5_communism
25 7月

ハノイ・ベトナムで想う日々2007/days of HANOI -1-

オシムJAPANベスト4進出記念。苦々しくも懐かしい?ベトナム・ハノイの日々を振り返ります……
今回バンコク-ハノイで使用したエア・アジア(thai air asia)。料金は往復5500バーツ(2万円弱)。場合によっては4千バーツ台で行ける事も(ネット購入が最安値)。エアー・アジアの存在でハノイ、プノンペン、KL、ヤンゴン、シンガポールに気軽に行くことが出来る。全席自由、飲み物などサービスは有料。空飛ぶバス、のつもりで乗れば気楽なもの。
1_airasia

ヴェトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港は小ぶりな空港。タイで言えばプーケット空港のつくりに近いか。ちなみに最大の都市ホーチミンの空港も小ぶりだそう。
2_hanoi_airport

ベトナムは右側通行。
世界では多数派だが、近隣国ではラオス、カンボジア、ミャンマー、中国など。
日本、タイと同じ左側通行はマレーシア、シンガポール、インドネシア、オーストラリア……考えてみれば今回のアジアカップ参加国には左側通行の国も多い。
3_migigawa_tsuko

ホン川(紅河)を渡るとハノイの市街地が見えてくる。大きな建物はそれほど見られない。三百万人が住んでいるとは思えない小ぶりな都市。
乗り合いワゴンバス(2米ドル)なら市内には1時間弱で到着するが、しっかりホテル、GH関係者が客引きで待ち伏せしている……。
4_hon_river

満員になれば出発する乗り合いワゴンバス(2米ドル・3万2千ドン)以外には路線バス(ハノイバス)に乗るという方法もある。
7番のバスで市内中心部キムマーバスターミナルまで五千ドンの激安値段。ただ土地勘のある人でないとその後が大変かも。
結局客引きの餌食か……w
14 7月

あばよ!ハノイ!ベトナムよ!/F**K YOU ! & Good Bye! HANOI1

今朝気づいたのですが、コンパクト・デジタルカメラが手元にありません。
どうやら昨晩、日本代表が勝利してご機嫌な気分でスタジアム外に出た時、そこでしつこくつきまとう物乞いの子供(5、6歳?)にすられたようです
来週月曜のベトナム-日本戦も含め、今後トーナメントに入っても同様のシチュエイションが続きます。
日本サポーターの方は気をつけてください! 日本人は確実に狙われています!!

あくまでも個人の感想で正直に書きますが、この6日間のハノイ滞在で一度たりとも「楽しい!」と思った事はひとつもありません。全てが腹立たしいことの連続でした。
嬉しかったことは、
1.サポーター同志・サイアムさんと会えて、美味しい食事と勝利を一緒に味わえた事
2.親切な日本旅行者(ヴェトナムリピーター)の方に、彼女のノートPCでデジカメのデータをUSBメモリに移してもらったこと(よって今回の被害は最低限で済みました)
3.日本代表がUAEに勝った事

全部、日本がらみ! ベトナムとは直接関係ないことです。
この東南アジアの共産主義国家は確実にアンチの日本人をひとり増やした事になります。
そして上記の中でサイアムさんも携帯電話をすられる被害にあっています

今ボクのとなりにホーチミンから来た英語の達者なベトナム人が居るのですが、そんなハノイ体験談を話すと「ハノイは気をつけたほうが良い」と指南されました。彼はゲストハウスの対応に呆れて、さきほど朝の7時にチェックアウトしていきました、ベトナム人も呆れるハノイ! アメイジング!!

楽しい事は一つも無かったけれど面白かったよ、ハノイ。
そんなあなた方に、敬意を込めて、最後にこの言葉を贈ります。

F**K YOU ! & Good Bye! HANOI
13 7月

ベトナム最後の夜、オシムJAPANの奮起を願う/My Last Night in Vietnam

日本代表の本当の実力を見たい!
宿が変わって非常に寝苦しい夜になっています。だってノンエアコン!
昨晩のベトナム-カタール戦でもスタジアムへの行き帰りを含め、現場で相当体力を消耗しています。
タイと違ってベトナムでは宿選択に一定のクオリティをかけないと身体を休める環境にありつけませんね。これは勉強です。便りのネットカフェもサーバーダウンばかり。
今晩はハノイ最後の夜、ベトナム最後の夜、日本-UAE、日本代表の再起、決起を見たいと想っています!
11 7月

ベトナムでのネット日本語環境、簡単ではない/Not easy ! internet in VIETNAM !2

ベトナム・ハノイの日々、日本語でのブログ更新が非常に辛い状況です。
ホットメールもしばしば切断されています。
ベトナムとPDAとモバイルとのsiam-bleezeさんに大変お世話になっているのにお礼のメールも出せなくてごめんなさい。
またブログにコメントされている方も返信できなくてごめんなさい。
ハノイではやはり日本語環境は厳しすぎます。今使っているネットカフェが安定してくれれば何度か更新はできると思いますが。
明日がヴェトナム-カタール、そして明後日日本-UAEとなります。ネット上ではずいぶん辛らつな意見も出ているようですが、日本代表もボクももう気持ちを切り替えて次の試合に必勝を期すだけです!!!

BKKの○○ヤマさんへ業務連絡:続きを読む »
9 7月

暑過ぎるぞ、ハノイ(ベトナム)/Too HOT ! crazy country ! VIETNAM2

ヴェトナム入りしています。
ネット環境は3年、あるいはそれ以上前のバンコクという感じでしょうか。日本語環境、回線状況など異様に悪いです。ですので、要点だけ。
hanoi_crazy昨晩サッカーヴェトナム代表がUAEに勝ってしまい、夜はホアンキエム湖周辺を中心に、バイクが何百台も繰り出し、ヴェトナム国旗を振り回して大騒ぎ、無法地帯。ちょっと危機感さえ感じるほど。

ほとんどのバイクにバックミラーがついてない。クラクションが挨拶代わり…そして夜になっても消えない蒸し暑さ…ここはタイでも、シンガポールでも、マレーシアでもなくベトナム。違う国に来たことを実感しています。

さあ今夜は日本-カタール、無事スタジアムにたどり着けるか。
そしてヴェトナム攻略の糸口がつかめるのはいつごろか、滞在中につかめると良いのですが…to be continued
(写真・緒戦に勝利してベトナムナンバー1!と歓喜をあげる無数・無法のバイク軍団。ベトナム国旗を振り回し、クラクションを鳴らしまくる。世界で唯一アメリカに勝った国として誇りを持っている、らしい。しかしここは紛れもない共産主義国家。リトル中国。特にハノイにはその色が濃いと聞く)
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
最近の記事
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!