taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

タイフェスティバル大阪2007

16 10月

タイ・タナーウットが大阪に!/Tai Thanawut LIVE at Thai Festival Osaka 20075

間違いなくベストアクト!
開演前、客席でまったりしてたら、タイ・タナーウット本人が自身のギターPAチェックに現れた。
「ああ、間違いなく生演奏してくれる!」、弥が上にも期待が高まりましたが、その期待に120パーセント答えてくれるステージでした!

司会が「タイ演歌歌手として有名」と紹介してましたが(確かにそういう要素もある、が)、どこが演歌じゃ!バリバリRockやんけ!と突っ込みをいれたくなるブッとんだオープニング!
デビュー曲♪プラトゥアンでいきなり会場の空気を掴みます。
この曲、ギターソロもカッコ良くて、間奏に入るとタイタナ自身がヴォリュームポッドを瞬時に上げて、カッティングをからませながら、キイキイとギターを「泣かせて」弾く。思わず「おおー!」と絶叫してしまうボク。

05_4shot

ちょっと焼けたような色のストラトキャスターを少し高めに構え、エモーショナルにギターを鳴らし、歌うタイタナ。

03_solo

上の写真を見れば、彼のプレイが飾りでないということが分かります。こういう表情も長年ギター弾き込んでないと出ない。ギターPLAYはテクニック披露ではなく、どれだけ自分の感情をギターで表現できるかが問題なのだ!!(興奮気味ですいませんw)

と言うのはですね、タイには良いギタリスト&ヴォーカリスト居ないんですよ。
(世界を見渡せば、例えばエリック・クラプトン、日本なら竹中Char尚人、いや柳ジョージ!?)
はっきり言えばSEK LOSOがロックG&Voではタイでは最高峰だろうし、個人的にはプアチウイットのカンピーも捨てがたい。

このタイ・タナーウットは彼らに匹敵する力量を持っている気がします。テクニックだけでは出せない、センスやパフォーマンス。ローソーの人気曲♪チャンルターのカヴァーも披露してくれて、セークに負けないようなハードなソロも披露してくれました。

ところで、このタイタナのステージの直前に「会場でお子さんが迷子になった」とアナウンスがあって、その後も子供は見つからず、一度コンサートを中断してステージから呼びかけるいう場面があって。そうすると客席内からそのお子さんが現れて、あまりの嬉しさにお母さんがステージ上で腰を抜かして、号泣して子供を抱きしめる……そんなまるでドラマのワンシーンのような感動的な場面があって、そんな時もタイタナは二人に拍手!と観客に呼びかけて、大盛り上がりになってました。

01_aoru

そんなこともあって、ボクの大好きなバラード♪コン・タン・コンでは、この日会場最大の大合唱に。



果たしてこんなステージ、タイで見られるだろうか?
初めてのタイタナ体験だからはっきり言い切れないけど、見事なプロフェッショナリズムに溢れた、とても得した気分になれるコンサートでした。
素晴らしいコンサートをありがとう、タイ・タナーウット!

2007年9月30日(日)大阪天王寺公園・野外ステージにて
続きを読む »
15 10月

タイ・タナーウット♪プラトゥ-アン/TAI THANAWUT ♪Pra-Tuang5

タイフェスのランナーのライブレポート、いがでしたか?
PCを打っているとあの興奮が蘇りますね。興奮と言えば最高に盛り上がったタイ・タナーウットの熱演も鮮やかに! いまペンを走らせております。
そう、まさかコンサートがこの曲でスタートするとは! 盛り上がらないわけがありませんよね! 
ボクもぶっ飛びw、当然のごとく?タイのカトゥーイ(オカマ)ちゃんたちもが狂喜乱舞しておりましたw

あまりにもタイらしいオチがついたの、この1曲をYou Tubeで取り急ぎ。

14 10月

ランナーカミン、大阪タイ・フェスティバルで熱演/Lanna Commins LIVE at Thai Festival Osaka 20073

ランナー・カミン、再びタイフェスのステージへ!
4組のアーティストが登場して合計2時間のステージを繰り広げたGMMグラミーコンサート。
この、大阪にしては(失礼!)異様にビッグネームの揃ったコンサートの最大の心配事は、4人全員がカラオケバックに歌うとなったらどうしよう、ということだった。
この心配は見事に吹き飛び、4リズム(G,B,Key,Ds)の生バンドが通しで演奏してくれたことに大いに感動。つまり4組でしっかりタイでリハをして来日してくれた証。
これが3番目に出たタイ・タナーウットのベストアクトに繋がったし、結果としてタイフェス大阪史上最高のコンサートになった要因でしょう。

1aanトップバッターは、ある意味今回の4人の中で最もタイらしいリズム演歌、ノリノリなルークトゥンやモーラムを披露してくれたアーン・ザ・スター。
アーンfromザ・スターというのが意味的には正しいのかな? タイではここ数年「スター誕生」のようなオーディション番組・企画がウヨウヨでてきてあまり把握できていないのですが、今回のアーンもそんな流れでthe starからデビューした一人、多分ねw。
白いジャケにジーパンというとてもラフな服装。もう少しサービスしてくれても?と想っていたら後半はタンクトップでキュートに。
大阪(天王寺界隈?)のオヤジたちがヤンヤの声援。

続いて、2年前の東京・代々木タイフェスにも参加したランナー・カミンが登場。
ボクは彼女のコンサート見るのは通算4度目くらいと想うのですが、コンディションはイマイチ良くなかったかと。ただ気合は入ってました。ちょっと過剰なほど

2_lanna

コンサートは♪サワディージャーオでスタート。チェンマイではカーではなく、ジャーオと語尾が変わる。タイの関西弁?みたいなものかな。だとすれば大阪にピッタリ!?
ランナーのスタイルはちょっと変わったいつもの(お色気一切抜きの)パンツルックだけど、彼女、フツーの洋服とかドレスとか着たらどんなふうになるのだろう? 一度見てみたい。
ランナー自身のナンバーに徹底的に盛り上がれる曲が無いので、コンサートのそういう場面では(前日やったという)BIG ASSやSilly Foolsのナンバーを普通に歌いますが、今回の♪ヤーク・ロン・ダンダンにはびっくり。そこまでサービスするか、といった印象。
Keyの問題もあるだろうけどこの曲に関しては本家Palmyの方が上かな(ゴメンね、ランナー)。

3_moriagaru

4kankyakuhe
最高に盛り上がったのが必殺シリー2連発。♪ナムラーイと♪ジ・ジャ
息を切らし、汗を流し絶叫するランナーにちょっとびっくり。でもこの人アルヴィル・ラビーンとか好きらしいので満更でもないのでしょう。(でも彼女のカラーではない)
最後はしっとりとwarmな雰囲気で♪ワイジャイ・ダイ・ガー
(しっかりメモをとったわけではないですけど)最新3rdアルバムHappy Tripからの披露は1曲もなし。
コアなファンを中心に評判の良い作品にも関わらず……です。
ヒット曲があることは興行ではとても大事なこと。しかし、最初と最後が1stアルバムの曲で占めなければならないのは、ランナーの次への目標がはっきりと出ています。
稀有な才能として今後も応援していきますよ!

2007年9月30日(日)大阪天王寺公園・野外ステージにて

5tuten

ランナーの後ろに見えるライトアップされた通天閣が大阪らしくて二重丸。
13 10月

タイフェスティバル2007が堺市で!/Thai Festival 2007 in SAKAI5

またもや大阪でタイフェス!
「タイフェスティバル2007」が堺にやって来る!(堺市walker)

2007年10月20-21日「タイフェスティバルin 堺」開催(.pdf書類)

タイフェス堺1 クリック→拡大してご覧ください。

タイフェス堺2
9 10月

お待たせしました! タイフェスティバル大阪の写真集/PICT at Thai Fes Osaka5

先日のタイで想う日々ポッドキャスト#69をお聞きになりながらぜひ写真をご覧になってください!(アンダーラインのLINKをクリックすればブラウザ上でポッドキャストが聞けます)。

天王寺公園の入園料150円を払って、いざ入場。時間は午後1時、まだ雨が降ってましたが……
01

02

ワイワイタイランド
THE THAI MASSAGE GUIDE
タイ王国もびっくり! 日本にこんなにあったタイマッサージサロン ベスト150

03

やっぱり大阪にはタイめし屋さんは多いですねえ。
(写真はまだまだあります!)
続きを読む »
7 10月

Podcast#69 Thai Festival Osaka 20075

先のタイ・フェスティバル大阪でのレポートをポッドキャストで!
ブログは毎日更新しています。テキスト情報や写真をご覧にぜひ http://www.taideomou.comまでアクセスして下さい!
夏の終わりが無くて夏の終わりのPodcastを作り損ねた内情も吐露! 日本よりのポッドキャスト第3弾です(6.9MB/11分50秒)。
PodcastingおよびVideocastingを楽しむにはiTunesが最適です。Windowsでも無料ダウンロードして楽しむことができます。右上バナーをご覧になって、登録(無料)してお楽しみください!
podcastオレンジ
続きを読む »
4 10月

大阪で最高のライブ、タイ・タナーウット/Tai Thanawut ♪Kon Tung Kon5

なかなかタイフェス大阪レポートUPできずスイマセン。できればしっかりと書いてみたいもので……。
取り急ぎ、フェスの熱が冷めないうちにゴキゲンなパフォーマンスを大阪で魅せてくれたタイ・タナーウットの、ボクの大好きな1曲♪コン・タン・コンをYou Tubeで。



この曲聴いてると、思わずエレキギター持ち出して、オブリいれたくなるんですよね。♪Rainy Night in Georgia(ブルック・ベントン)風の、キュインキュインとグリス入れるヤツ……そういう意味ではこの曲、リズム&ブルースの香りが漂ってるんですよ、実は。
4 10月

大阪タイフェスティバルのレポート第2弾!/Thai Festival OSAKA 2007 -2-5

大阪タイフェスティバルのレポート第2弾!
全体像をつかんでもらうためのスライドショー(.mov)です!
タイねた多過ぎて処理の時間が……買ってきたCDのレビューも……
最新情報はブログ・タイで想う日々 http://www.taideomou.comまでアクセスしてください!
PodcastingおよびVideocastingを楽しむにはiTunesが最適です。Windowsでも無料ダウンロードして楽しむことができます。右上バナーをご覧になって、登録(無料)してお楽しみください!
podcastオレンジ
1 10月

タイフェスティバル大阪より帰還!Thai Festival OSAKA 2007 -1-5

大阪より戻って参りました。バタバタしてますので取り急ぎ映像(.mov)を!
ランナーもハイテンションで頑張ってましたが、とにかくタイタナーウットが最高! ギターとヴォーカルの抜群のコンビネーションを備えた歌えるギタリスト!
タイネタわんさか仕入れてきましたので今後のブログでの発表に期待してください!
最新情報はブログ・タイで想う日々 http://www.taideomou.comまでアクセスしてください!
PodcastingおよびVideocastingを楽しむにはiTunesが最適です。Windowsでも無料ダウンロードして楽しむことができます。右上バナーをご覧になって、登録(無料)してお楽しみください!
podcastオレンジ
18 9月

日本最大のタイ・イベント、タイフェスティバルが大阪で/info of 5th Thai Festival OSAKA5

初参戦、計画中!
第5回タイフェスティバル大阪、9月29、30日大阪天王寺公園.pdfにて開催!!
日本最大のタイ・イベント、タイフェスティバル。2007年は東京(代々木)、名古屋、京都と既に行われ、最後に控えるは(東京に次ぐ規模の)大阪。

タイ好きは大阪へ集合!

タイアーティストによるコンサートはランナー・カミンズ、 ビリー・オーガン、 アーン・ザ・スター、 タイ・タナーウットとビッグネーム揃い!
なお、10月には堺市でもタイフェスが行われます。
2007年10月20(土),21(日) in 大阪 堺市
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
最近の記事
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!