taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

coup d'etat クーデター(軍部)2006

1 10月

タイ新首相は元国軍最高司令官に/ex-army chief to be Thailand's new PM

どうやら噂どおり、タイの新首相にはスラユット元国軍最高司令官が任命されそうです。
元軍人が新首相に就くというのは「話が違う」という気がしますが。
もっともスラユットさん自身は現在は民間人で「気の良いおじさん」として親しまれている方らしいです。
個人的にはスパチャイ国連貿易開発会議(UNCTAD)事務局長という方に期待していたのですが。
30 9月

タイ2006クーデター、その後/Aftermath COUP

嵐が日本タイ修好120周年記念公演を断念(日刊スポーツ.com)

米、タイへの支援2400万ドル凍結(Yahoo!ニュース)

あちこちでクーデターの余波が。街はいたって平穏なのですが。
タイでビジネスを展開する人には胃の痛い日々かもしれません。
もっともこういうことが無ければ今回の政変の国際的な評価をタイの人が実感できる機会もないでしょうから、ある意味、必要悪?
24 9月

タイ2006クーデター後のニュースを/a report from BKK

在バンコクでいつもより動いているのでニュースチェックが希薄でした。
NewsClipさんより気になった項目を。
前首相(タクシン)の妻子、タイ国内に
ロビー・ウィリアムス、バンコク公演キャンセル
増え続ける首相候補、今度は前中銀総裁

ニュースはニュースとして、本日も午後よりいろんな方とお会いします。
それが何よりも楽しみですし、モチベーションが高まります。
21 9月

i am in Bangkok

バンコクに到着しています。
もちろん政変突撃取材ではありませんw。予定していた昨日のバンコク入りを一日延ばし、自分なりに安全を確認した上です。遊びに来たわけでもありません。
(ボクが本日見た限りでは)いつものバンコクと全く変わりません。むしろ空港から宿まで全く渋滞に会わず、快適でした。
晩ご飯を知人(日本人)と一緒に、その後スタバーに移動し、いろんなことを沢山語りました。楽しかったです。
その間も周りの状況を見ながら、本当にこれが2日前にクーデター!と世界中から騒がれた街?と思わせるほどの拍子抜けぶりでした。
以上、バンコクより匠特派員が報告申し上げました。
20 9月

クーデターその後、タイは落ち着きを取り戻しました/calm in Thailand

日本時間夜9時のNHKニュース、見ました。
日本語ウェブサイト情報とともにようやく現状とLINKした報道になってきているように想います。
今回情報収集で一番活躍したのはmixi、そして連絡手段としては携帯電話ではなくSkypeでした。
昨晩11時頃、クーデター情報が走り始めたとき、急に携帯が繋がらなくなったのです。そのときは(TV同様、携帯電話の統制が始まったのかと)一瞬ゾッとしましたが(実際は一斉に皆が電話を使用したため)。
SkypeならPCさえONしておけばいつでも話せる状態。BKKの知人の状況も分かりました。日本とのチャットで連絡を取り合った人も多いでしょう。
タイ語や英語での報道を分かる人が他に伝え、それを伝達して行くというネットの相互補完が上手く働いたと想います。

タイは落ち着きを取り戻しました。簡単に言うと、これがタイのスタイル、のようです。国際社会がどうであれ。
意識調査では80%以上がクーデターを支持(タイの地元新聞を読む)

今回の件、タイの仲間とおおいに語り合いたいと想っています。

参考:いろんな角度から今回の政変を俯瞰したいと。そんな人には最適な素材、ポッドキャストを。
三流国の屁みたいな総裁選よりもタイのクーデターの方が注目すべきニュース(TBSストリーム)
20 9月

Chiangmai Now

さきほど昼食で町へ出ました。装甲車を一台見かけましたが、町の人の動きに大きな変動はありません。ただ、いつもは通れるチェンマイ空港内を通り抜ける道路は閉鎖されています(軍の敷地)。

Yahoo Japanのトップで、静かなクーデター 記念写真も、と掲載されたことにまずは安心しています。

今はブログやmixiなど個人メディアが発達しています。通信社や新聞社の一方通行の報道だけでなく、是非地元の声を拾ってください。お願いします。

タイで想う日々のアンテナを参考にして下さい。
20 9月

タイ2006クーデター、公的機関や大学・学校なども臨時休業・休校/Army detains Thai deputy PM2

津波のときもそうでしたが(今回はそれ以上の反応かと)、多くの方からお見舞いの連絡をもらっています。
ありがとうございます。
(個別にコメント、TBにお答えできなく申し訳ありません。)

自分の周りのタイ人が本当に冷静なのに拍子抜けしています。
「タクシンはもう帰ってこられない」「彼の家族はシンガポールに逃げた」
今回大活躍しているシンガポールのchannelnewsasiaはタクシンの右腕の副首相を拘束した、と報道しています。

銀行など多くの公的機関や大学・学校なども臨時休業、休校になっているようです(チェンマイでも同様です)。ようやく流れ始めたバンコクの映像には談笑する兵士と市民の姿が映っています。

いま一番気にされているのは、近くタイ行きを予定されている方でしょう。ビジネスレベルでは余程のことがない限りキャンセルを決断するでしょう。

旅行会社は今後の大量のキャンセルを考えれば、飛行機が飛ぶ限り変更はない、という判断を下すのではないでしょうか。個人の判断に任せる、と。
以前バリ島がテロにあった当日でも、日本人の若者が成田でインタビューに答えて「断るとキャンセル料金が掛かるので(予定通りバリに行く)」と答えてるニュース映像がありましたが、あれと同じ状況になるのでは。思い出しても嫌なニュースです.....

今回の件でタイがどれだけ国際的なイメージを下げてしまうのか。それもやむなしと判断したのか。日頃フォローしつづけてきたタイに対する考えを...計画が狂い、いまは眠気とともに、この想い何処にぶつけたら良いか......

在タイ日本国大使館;発表 各種施設・機関等の状況(9月20日10:00現在)
続きを読む »
20 9月

少なくとも無血、9・19タイクーデターThailand under military rule

シンガポールから発信しているChannel News Asiaが現時点では一番多く情報を提供してくれています。
CNN、BBCは報道では一歩後退。
タイのTVはこういう時、一切機能しないことが良く分かりました。これでは国民の精神的なバランスが計れないようにも。

タクシン首相の反対派の中心・ソンティ氏(民間人)は「軍に感謝する」と言っています。
国王の下、タクシンの政治力を無理やり無効にしよう、という流れだけ、か。

少なくともNo bloodです。CNNでハンガリーの様子が流れてましたがそっちの方がよほど緊張状態のような。

いろんな、クーデター状況があるのだな、と。

ニュースだけ聞くと物々しいですが。
20 9月

9・19クーデター、戦車が封鎖も緊張感はなし/no tension?

ニュースクリップさん、独自取材ですか? 深夜の更新、すばらしいですね。
戦車の前で記念撮影しています。

戦車が総理府周辺を封鎖、緊張感はなし(NewsClip.be)
20 9月

タイ国民は冷静です、安心してください

NHK日本時間午前4時のBSニュース
リード……タイ国軍全土に戒厳令(恐ろしいタイトルです)
サイドスーパー……タイ国軍、首都制圧と発表

そりゃ、軍が持っているTV局だってあるのだから、そんなことはさして難しいことではないでしょう。

装甲車などがでているのは首相官邸などある一部の地域ではないかと。
軍・警察のメディアの統制は徹底しているようです。
独立系のNationチャンネルなどは軍が押しかけても最初は独自放送を行っていたのですが。NHKのバンコク支局も同様の状態のようです。

ですから我々はBBCやCNNを見ると。

NHKのニュースでも
「バンコク市内は平穏」と結んでくれました。時間が時間ですので。
安心してください。
20 9月

バンコクで緊急事態宣言か

まず、ボクはチェンマイの自宅です。むろん無事です。

タイにお住まいの方は多くの方がそういう状態だと思います。

BBCワールドで戦車(装甲車という感じです)がバンコクの街頭出ている。

軍隊が政府官邸を囲んでいるという情報も。

携帯電話が通じません。

タクシン首相は現在NYの模様。

バンコクに住むブロガーの皆さん、自分の周りの状態や情報を大至急、ブログ上で公開してください。

タイのTV放送はクローズなので、BBC、CNN、唯一タイ国内で中立的なNationチャンネルが報道しています。自分でわかる範囲になりますが。言葉の問題がこれだけつらいと想ったことはありません。。。

こういときこそmixiやスカイプ、メッセンジャーなどのネットテクノロジーを駆使するときです。もう21世紀なのですから。

これからどのような展開になるかは読めませんが、
微笑みの国・タイランドが、微笑みの国で居られ続けることを信じています。

ボクは信じます。
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!