taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

お知らせ

3 9月

9月の領事出張、9/20シラチャ、9/27&28プーケット(在タイ日本国大使館)

9月の領事出張サービスのご案内

9月はシラチャとプーケットにおいて領事出張サービスを実施いたしますので,近隣にお住まいの方は是非ご利用ください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_shucchoservice.html
 
シラチャ
(日時)9月20日(木)11:00−14:00
(場所)チョンブリ・ラヨーン日本人会 (http://www.crja.org/)
イースタンタワー1階 39 Soi Tatsubar 2, Jermjomphol Rd., Sriracha, Chonburi 20110

プーケット
(日時)9月27日(木)15:00−18:00
      28日(金)09:00−12:00

(場所)Royal Phuket City Hotel(TEL: 076-233-333)
154 Phang Nga Road, Muang, Phuket83000
15 8月

雨季における大雨、洪水情報への警戒について/在タイ日本国大使館

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ/在タイ日本国大使館 2018-08-15, 13:55

 本年,タイ気象局は5月16日から雨季入りを宣言し,タイ災害防止軽減局(DDPM)は8月14日現在,タイ国内の1都76県のうち,58県を洪水・土砂崩れ・強風・高波のいずれかの注意地域としています(バンコク都は含まれていません)。
 また,報道によれば,ナコンナヨック県とナコンラチャシーマー県にまたがるカオヤイ国立公園内においても洪水が発生しています。

 雨季明けは地域によって異なりますが,通常10月前後となり,今後も大雨・洪水の被害の発生が予想されます。タイ政府・地元当局等が発出する警報や注意報について,ご自身がお住まいの地域に関するもののみならず,お出かけ先の地域に関するものについても最新情報を入手するよう努めてください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
1 8月

メコン川の水位が上昇している模様(2018/8/1)

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ/在タイ日本国大使館(2018/8/1, 19:00)

1  安全対策基礎データの改訂について
 7月30日(月),外務省海外安全ホームページに掲載されている海外安全情報(安全対策基礎データ)が改訂されましたので,お知らせします。 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_007.html

2  メコン川の増水について
 一部報道によれば,メコン川の水位が上昇している模様です。
 今後,タイ政府・地元当局等が発出する警報や注意報に十分ご注意いただくとともに,増水中の河川には不用意に近づかないようにしてください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部  
電話:(66-2)207-8500,696-3000  
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330 (ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
28 7月

12/5から7/28へ 7月28日はラマ10世、タイ国王誕生日


ワチラロンコン皇太子は故プミポン前国王とシリキット王妃の長男で、1952年7月28日生まれ。
英国、オーストラリアに留学し、大型機を含む航空機の操縦免許を持つ。

タイのワチラーロンコーン国王陛下の肖像が描かれた20バーツ・50バーツ・100バーツ紙幣は、既に2018年4月より流通開始、
16 7月

海外安全対策/邦人事件簿/邦人観光客がドンムアン空港の入国審査場において写真撮影を行っていたところ当局により別室に連行され厳重注意など/2018年7月16日現在

海外安全対策情報/平成30年度第1四半期/4月から6月

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

1 社会・治安情勢等「タイ深南部テロ情勢」
 今期,タイ深南部(ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県)では,イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器,爆発物を使用したテロが,月平均約12件発生しており,平成29年度第4四半期(約15件)から減少しました。
 ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県の一部(ジャナ,テーパー,サバヨーイ各郡)については,外務省より危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出されていることから,これらの地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください

2 犯罪傾向等
(1) 犯罪傾向
 平成30年度第1四半期中の邦人犯罪被害として,54件の届出がありました。前四半期と比較して12件減少しました。

(2) 邦人事件簿 
 4月,日本からの邦人観光客がドンムアン空港の入国審査場において,写真撮影を行っていたところ,当局により別室に連行され,厳重注意を受けています。

(3) その他注意事項
 5月,ラオスから陸路入国した邦人のパスポートに入国印が押されていなかったことに,当該邦人がバンコクで気づき,再度入国場所へ戻らざるを得なかった事案が発生しています。入国の際は,パスポートに入国印が押されているかどうか,また,入国印の日付が正しいかどうか,必ずご確認ください。

3 テロ・爆弾事件発生状況
 平成30年度第1四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

4 誘拐・脅迫事件発生状況
 平成30年度第1四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

5 日本企業の安全に関する諸問題
 平成30年度第1四半期中,日本企業の安全に関する諸問題はありません。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
21 6月

6/24(日)午後5時以降「10月14日事件記念塔」(王宮近く)で反政府系グループデモか

反政府系集会開催に伴う注意喚起(在タイ日本国大使館2018-06-21 12:21)


タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

インターネット上の情報によると,6月24日(日)午後5時以降から,ラチャダムヌーン通りの「10月14日事件記念塔」(王宮近く)において,反政府系グループによる集会が計画されている模様です。
在留邦人および旅行者の皆様におかれましては,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めるとともに,可能な限り集会には近づかない等,安全確保に十分注意を払って下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
18 5月

5/19(土)17時 赤シャツ系運動家がBTSチットロム駅下に集結か/反政府系集会及びデモ開催に伴う注意喚起

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ(在タイ日本国大使館 2018.05.18 14時30分)

インターネット上の情報によると,
5月19日(土)17時に赤シャツ系運動家がBTSチットロム駅下のアマリンプラザ内マクドナルド(ラチャプラソン交差点)に集結するとの情報があります。
また,
21日(月)17時〜22時には,クーデター4周年の機会にタマサート大学(タープラジャン・キャンパス)に反政府系活動家が集結し,翌22日(火)7時〜13時に首相府へデモ行進する模様です。
 
在留邦人および旅行者の皆様におかれましては,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めるとともに,可能な限り集会には近づかない等,安全確保に十分注意を払って下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
              (ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
4 5月

反政府集会及びデモに伴う注意喚起(5月5日16時タマサート大学内および付近)

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ/在タイ日本国大使館

インターネット上の情報によると,5月5日,反政府系グループによる集会及びデモが計画されている模様です。
【デモ内容】
・日時:5月5日(土)16時〜
・場所:タマサート大学内及び付近

 なお,5月以降,デモ活動が活発化することが予測されています。
 在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めるとともに,可能な限り集会には近づかない等,安全確保に十分注意を払って下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
              (ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
18 4月

在タイ日本大使館の「平成30年度領事出張サービス」 シラチャ、ブラチンブリ、コラート、プーケット、コンケーンを予定

【平成30年度領事出張サービスの御案内】
平成30年度(2018年4月〜2019年3月)領事出張サービスを下記の各都市で開催しますので,お知らせします。

 【平成30年度開催予定場所】
   ●シラチャ
   ●ブラチンブリ
   ●コラート
   ●プーケット
   ●コンケーン

詳しくは、
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_shuccho.html
なお,御利用いただくには,事前申請,事前予約の手続が必要となりますので,御注意ください。
2 3月

タイ入国に際してのご注意(たばこ及び酒類の持ち込み)

 たばこ等の持ち込み
〜「知らなかった」は通用しない厳格な取締まり,一時的な預かりでもダメ!

 タイ税関及び物品税局では,たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し,高額な罰金を科しています。
 たばこについては,紙巻きたばこであれば200本(1カートン),葉巻等であれば250gまで,また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合,検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,物品も全て没収されます。

 こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,在外公館が摘発された人に代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできません。摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,その間,身柄を拘束されることもあります。
 タイへ渡航される皆様には,当地の法律を守り,快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。

 なお,タイ国政府観光庁によれば,たばこについて「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。

【事例】空港において,入国手続きの際,団体旅行グループの1人が,全員分のたばこ及び酒類を一時的に預かり,タイ国内に持ち込んだところ,当局が,同人物を職務質問。十数カートンのたばこと数十本の酒類を発見し,「違法」であると判断して,摘発。


メールマガジン「在タイ日本国大使館だより」 第167号3月号より(2018-03-01)
17 1月

レストランの食事代を2度請求される被害…(在タイ日本大使館からのお知らせ)

タイでの犯罪傾向など
(1) 犯罪傾向
平成29年度第3四半期中の邦人犯罪被害として、51件の届出。
前四半期と比較して20件減少しました。
 
(2) 邦人事件簿
10月、邦人が食品を万引きし、逮捕されています。
 
(3) その他注意事項
レストランを訪れた日本人に対し、同店員になりすましたタイ人が詐欺を行うケースが報告されています。
報告された手法は下記のとおりです。お気をつけ下さい。

(1)日本人がレストランを訪れる

(2)日本人の後をつけるように詐欺師が入店し、日本人客に対しては店員になりすまし、店側に対しては日本人客のガイドになりすます。

(3)日本人が料理を注文後、「先払いになっていますので」と食事代(注文した料理の合計額とは一致しない)を請求する。

(4)同詐欺師は金銭を受取り、店を出る(食事後、店が日本人客に食事代を請求する)。


平成30年1月17日掲載
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20180117.html
1 1月

สวัสดีปีใหมครับ サワディピーマイクラップ!(平成30年・タイ仏歴2561年)

2018年、明けましておめでとうございます。
14年目突入、拙ブログ、いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。

リアルタイムなメディアとしてはツイッターを最前線に、ブログは「タイ情報のアーカイブ」として機能させてきた近年、少しでも読者の皆様のお力になれば幸いです。

ラマ9世の喪服期間も終了し、タイは新時代、とはいえ未だ軍事政権であることは気になるところです。
バーツ円の為替では相変わらずの円安、タイ人の訪日、いわゆるインバウンド需要が継続しており、筆者がタイに行ける時期は再び来るのか、全く見えません。
それでも大事なのは何より健康であること。来るべき日に備えて、2018年もポジティブに前進し続けようと思っております。

本年も皆様がお元気であることを。 
タイ仏歴2561年、どうぞよろしくお願いいたします!
1 11月

チョンブリ・ラヨーン日本人会(CRJA)の大使館窓口開設、11、12月のハジャイとシーラチャーでの領事出張サービス/在タイ日本大使館だより

チョンブリ県とラヨーン県は日本で言えば神奈川県や千葉県に相当する、バンコク沿革地。タイ経済を支える重要なエリア。
特にチョンブリーはシラチャやパッタヤーと言った人気ローカルを抱え、スワンナプームにも近く、発展するタイ経済の象徴のような地域。もっと知りたいタイの地方、、、そんな場所での、大使館窓口開設などのお知らせです。

1.チョンブリ・ラヨーン日本人会大使館連絡窓口の開設について

2.11月・12月の領事出張サービスのご案内

3.在留邦人の方は在留状況確認調査に御協力ください

4.11月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ

5.海外安全情報(危険情報,感染症関連情報等)



1.チョンブリ・ラヨーン日本人会大使館連絡窓口の開設について
 在タイ日本国大使館は,この度,チョンブリ・ラヨーン日本人会(CRJA)と連携し,10月2日付でCRJA図書館内に大使館連絡窓口を開設しました。
 引き続き,日本大使館領事部とチョンブリ・ラヨーン日本人会は,在留邦人の皆様への利便性の高い領事サービスの提供に努め,これからも出来ることを検討してまいりますので,御意見,御要望をお寄せください。

(1)シラチャにおける出張領事サービスを毎月1回実施いたします。実施日等については,メールマガジン,当館ホームページで御案内いたします。
(2)図書館内に領事関係書類(申請用紙,記入見本など)を常備します。書類は当館ウェブサイトからもダウンロード可能です。
(3)図書館では,日本人会ボランティアの方を通じて,
    ア 領事関係の申請用紙と記入見本を入手できます。
    イ 大使館が配布する広報・文化関係の資料を受け取ることが出来ます。(タイの御友人に日本を紹介する際に御利用ください)
ウ 大使館領事部への照会をお取り次ぎします。(電話番号又はメールアドレスをいただければ,大使館領事部から御連絡いたします)

また,CRJAと同じフロアーにある無料情報誌「オハヨー・シラチャ」のオフィスでも,同様のサービスを受けることができます。
 
なお,連絡窓口はCRJAの図書ボランティアの方々に御協力いただいております。当館職員ではございませんので,申請書類の内容や記入方法等についての詳しい説明が必要な場合は,当館領事部まで直接御連絡ください。
続きを読む »
11 10月

タイの服喪は10月29日まで。外国人とて例外ではなく留意を!/服喪期間の延長に関するお知らせ

服喪期間の延長に関するお知らせ 2017-10-11-13時/在タイ日本国大使館より


タイにお住まいの皆様、および旅行者の皆様へ

報道によると,10日,首相府より故プミポン国王陛下の服喪期間の延長について発表があった旨報じているところ、概要を以下のとおりお知らせします。

1.
公務員、公営企業従業員、政府職員の服喪期間は、これまで15日間の延長とし、10月13日〜27日としていたが、17日間の延長に変更し、10月13日〜29日までとする。

2.
国内外の政府施設、公営企業、政府組織、教育施設における半旗掲揚は、これまで15日間、10月13日〜27日の期間としていたが、17日間に変更し、10月13日〜29日までを半旗掲揚とする。

3.
これまで10月27日の夜間から白黒の幕、看板を公共の場、公共施設から撤去を開始するとしていたが、これを29日の夜間からに変更とする。 


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
4 10月

前国王陛下の葬儀迫る、厳粛で特別な10月、タイでの行動では留意が必要です/反王室勢力に関する注意喚起

反王室勢力に関する注意喚起/タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ(在タイ日本国大使館 2017-10-04)

 報道によると,10/2,タイのプラウィット副首相兼国防相は、故プミポン前国王陛下の葬儀に合わせ,王室に対して否定的な考えを持つ国内外のグループが犯行を計画している可能性を指摘しつつ,警備を強化すると明らかにしています。
 また,王室関係者が参列して火葬が行われる10/26には、特に厳重な警備体制を敷く考えを示しています。なお,火葬は王宮前広場で行われ、参集者は25万人に達すると見込まれていると報じられています。
 在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、上記情勢に留意の上,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
28 9月

プミポン前国王陛下の火葬式に関するお知らせ(公共の場ではできるだけ節度のある服を、等々)/在タイ日本国大使館 2017-09-28-12時

故プミポン前国王陛下の火葬式に関するお知らせ/在タイ日本国大使館

1.
9/25,プラユット・タイ首相から,故プミポン前国王陛下の火葬式に関する発表がありました。概要を以下のとおりお知らせ致します。

10月13日〜27日まで政府関係職員は,15日間服喪期間を延長する。
○10月13日〜27日,半旗を掲揚する。
○10月26日は公休日とする(2017年のみ)。
○10月26日,火葬式。
10月28日17:30以降喪明け,平服を着用。喪中を示す白黒の布,幕,看板等を片付ける。

2.また,タイ国政府観光庁より,故プミポン前国王陛下の火葬式に関する旅行者の皆様へのアドバイスが発出されておりますので,以下のとおりお知らせ致します。

(2017年9月21日 タイ国政府観光庁国際広報部発表(日本語))
https://www.thailandtravel.or.jp/news/23916/

タイ王国政府は故プミポン前国王の火葬式を2017年10月25〜29日に執り行う予定を発表しました。10月26日(木)が火葬日にあたり、同日はタイ国民が敬愛する前国王に最後のお別れをするための休日となります。

5日間に渡って王室による火葬式が執り行われますが、その間タイ全国の観光スポットは基本的に通常通り開かれます。また、全ての交通機関、銀行、商業施設、病院、その他の公共サービスも通常通り運営されます。但し例外として、火葬式が執り行われるバンコクの王宮及びエメラルド寺院は、2017年10月6〜29日までの間閉鎖(訂正)され、観光はできませんのでご注意ください。

タイ国政府観光庁(TAT)は、旅行者の皆様が旅行代理店や各種メディアからの情報、地元の当局による告知やその更新について定期的にご確認なさる事をおすすめいたします。また、地域によっては交通事情に影響が出る可能性もあります。万が一、遅延や迂回などの影響が出た際、旅行者の皆様からのご理解を賜りたく存じます。

タイ国民が深い悲しみと哀悼の気持ちにある中、タイ国内でのイベントやアクティビティについては、どのようなものが相応しいか(または相応しくないか)についてご判断ください。また、旅行者の皆様におかれましては、タイ国民の敏感な心情を尊重していただきたくお願いいたします。

多くのタイ国民はこの時期、喪に服するために黒い衣装を着用しています。これは、旅行者の皆様に強制をするものではありませんが、公共の場ではできるだけ節度のある服をお召しになる事をおすすめします。また、火葬式は厳かな雰囲気の中で執り行われるべきものですので、不適切または侮辱的な言動はお控えください

この歴史的にも大きな意味を持つ時期にタイにいらっしゃれば、きっとタイの人々が王室に対して抱く深い敬愛の念を感じる事ができるでしょう。そして、タイ王国政府とタイ国民は、この時期にタイを訪問し、悲しみと哀悼の気持ちを共有してくださる世界中からの旅行者の皆様に心より感謝し、歓迎いたします。皆様の共感と友情の印は、今後何十年にも渡って、タイ国民の心に刻まれる事でしょう。

故プミポン前国王の火葬式についての詳細はこちらをご参照ください。
http://www.kingrama9.net/EN (英語)

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
22 8月

在タイ日本大使館より緊急メール/インラック判決8月25日の治安(1万人規模の群集が最高裁周辺に集うとの報道)に関する注意喚起

【在タイ日本国大使館からのお知らせ(8月25日の治安に関する注意喚起)】

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ/在タイ日本国大使館 2017-08-22-18時

 8月25日はインラック前首相に対する最高裁の判決が下されることから、1万人規模の群集が最高裁周辺に集うとの報道があります。この最高裁判所はジェーンワッタナー入国管理局の近くに所在します。
 在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、8月25日は不要不急の入国管理局への訪問は避け,また,周辺道路は警備が強化され渋滞等も予想されますので,上記情勢に留意の上,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
15 8月

爆弾テロと8/25デモに関する注意喚起/タイ日本大使館より緊急メール(2017-08-15-19時)

在タイ日本国大使館からのお知らせ(テロとデモに関する注意喚起)2017-08-15-19時

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ/在タイ日本国大使館より緊急メール

 報道によると,2015年8月17日のエラワン廟での爆弾事件から2周年,2016年8月11〜12日にかけての南部7県での爆弾事件から1周年を迎えるにあたり,タイ政府は警戒の強化を命じています。
 また、8月25日にはインラック前首相に対する最高裁の判決が下されることから、1万人規模の群集が最高裁に集うとの報道もあります。在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、上記情勢に留意の上,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。
 また,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光・リゾート施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
11 8月

シラチャ、サムイ、プーケット、コンケーンで2017年9月、10月に領事出張サービス/在タイ日本大使館よりお知らせ

9月及び10月に実施予定の領事出張サービスの御案内(在タイ日本大使館)

在タイ大使館領事部では9月から10月にかけて,以下の4か所において領事出張サービスを実施いたしますので,近隣にお住まいの方は是非御利用ください。
領事出張サービスの詳細,御利用に際しての注意事項につきましては,以下のHPを御覧ください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_ann.html#saishin

当日会場で旅券,証明書の受取を希望される方は,上記HPを参照の上,各地開催日の5業務日前までに当館必着となるよう申請の手続をお願いいたします。
なお,書類に不備がある場合は,受付できないことがありますので,御注意ください。

また,当館領事窓口で申請し,領事出張サービスの会場で受け取ることも可能です。希望される方は,準備の都合上,旅券の場合は3業務日前,証明の場合は2業務日前までに,当館領事窓口での申請の際に,「領事出張サービス会場での受け取りを希望する」旨申し出てください。


1 【シラチャ
(第2回)
日時:9月7日(木)15:00−18:00,8日(金)09:00−12:00
場所:The City Hotel Sriracha  (tel:0-3832-2700)  6/126 Moo 2, Sukhumvit Road, Sriracha, CHONBURI 20110
≪申請受付締切≫
  ●旅券
    郵送申請分               2017年8月31日(木)
    窓口申請分               2017年9月 4日(月)
  ●証明書
    郵送・Eメール申請分  2017年8月31日(木)
    窓口申請分               2017年9月 5日(火)

(第3回)
日時:10月20日(金)15:00−18:00
場所:The City Hotel Sriracha  (tel:0-3832-2700)  6/126 Moo 2, Sukhumvit Road, Sriracha, CHONBURI 20110
  (注)チョンブリ・ラヨーン日本人会(CRJA)の御協力を得て,CRJA中間総会の会場前にて実施いたします。1日のみの開催となりますので御注意ください。

≪受付締切≫
  ●旅券
    郵送申請分               2017年10月12日(木)
    窓口申請分               2017年10月17日(火)
  ●証明書
    郵送・Eメール申請分  2017年10月12日(木)
    窓口申請分               2017年10月18日(水)


2 【サムイ
日時: 9月21日(木)15:00−18:00,22日(金)09:00−12:00
場所:Ibis Samui Bophut Hotel  (tel:077-914-880), 197 Moo1, Tambon Bophut, Amphur Kao Samui, SURATTHANI 84320
≪申請受付締切≫
  ●旅券
    郵送申請分               2017年9月14日(木)
    窓口申請分               2017年9月18日(月)
  ●証明書
    郵送・Eメール申請分  2017年9月14日(木)
    窓口申請分               2017年9月19日(火)


3 【プーケット】 
日時: 9月28日(木)15:00−18:00,29日(金)09:00−12:00
場所:Royal Phuket City Hotel  (tel:076-233-333)   154 Phang Nga Road, Muang, Phuket 83000
≪申請受付締切≫
  ●旅券
    郵送申請分               2017年9月21日(木)
    窓口申請分               2017年9月25日(月)
  ●証明書
    郵送・Eメール申請分  2017年9月21日(木)
    窓口申請分               2017年9月26日(火)


4 【コンケーン】   
日時:10月 5日(木)15:00−18:00,6日(金)09:00−12:00
場所:Charoen Thani Khon Kaen Hotel  (tel:0-4322-0400-14)   260 Sichan Road, Amphur Muang, Khon Kaen 40000
≪申請受付締切≫
  ●旅券
    郵送申請分               2017年 9月28日(木)
    窓口申請分               2017年10月 2日(月)
  ●証明書
    郵送・Eメール申請分  2017年 9月28日(木)
    窓口申請分               2017年10月 3日(火)
1 8月

タイ深南部テロ情勢と犯罪傾向(機内での過度な飲酒で入国拒否、年2回の陸路入国制限など)/タイ日本国大使館からのお知らせ

海外安全対策情報 平成29年4-6月/在タイ日本国大使館からのお知らせ(2017-08-01 14時)

1 社会・治安情勢等「タイ深南部テロ情勢」
今期,タイ深南部(ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県)では,イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器,爆発物を使用したテロが,月平均約17件発生しており,平成28年度第4四半期(約10件)から増加しました。
ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県の一部(ジャナ,テーパー,サバヨーイ各郡)については,外務省より危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出されていることから,これらの地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=007#ad-image-0

2 犯罪傾向等
(1) 犯罪傾向
平成29年度第1四半期中の邦人犯罪被害として,45件の届出がありました。
この間,買い物中に,駐車場に停めていた車を盗まれる被害が発生しています。
このほか,バイクによるひったくり被害も依然として発生しています。

(2) 邦人事件簿 
日本からの旅客機内で過度の飲酒をした邦人観光客が,スワンナプーム空港にて泥酔し暴れたため,入国を拒否される事案が発生しています。
(3) その他注意事項
    陸路入国制限(年に2回)に違反し、邦人が入国拒否をされた事案が発生しています。

3 テロ・爆弾事件発生状況
平成29年度第1四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

4 誘拐・脅迫事件発生状況
6月中,日本人3名が日本人1名を監禁し,脅迫をする事件が発生しています。

5 日本企業の安全に関する諸問題
平成29年度第1四半期中,日本企業の安全に関する諸問題はありません。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!