これまでにない「開国宣言」、
一方、タイ国内の感染者数は高止まり。
日本人にとっては、
まさに自己責任での訪タイ、どの様に推移して行くか。
経験上、油断も隙も無い今後、何が起こっても(変更があっても)柔軟な対応が出来ることを。

 タイ政府は21日、新型コロナウイルス流行の影響で入国を制限していた外国人について、日本を含む46の国・地域から隔離なしの入国を11月1日から認めると発表した。
ワクチン接種済みであることなどが条件となる。コロナ禍で落ち込んだ観光業を復活させ、経済活性化を図る。
 隔離を免除されるためには、ワクチン接種完了から2週間以上経過していることや保障額が5万ドル(約570万円)以上の医療保険への加入、出発前と到着後のPCR検査で陰性であることなどが求められる

 プラユット首相は今月11日、「低リスク」の10カ国からのワクチン接種完了者の入国時の隔離を免除するとしていたが、対象国・地域を大幅に拡大した。首相は21日、「すべてが整うのを待っていたら遅すぎる。観光客は別の場所を選んでしまうかもしれない」とフェイスブックに書き込んだ。
 タイ政府は南部のリゾート地プーケットで7月にワクチン接種者の隔離を免除し、外国人観光客の誘致を図ってきたが、地元紙によると来訪者は90日間で約4万2千人と、目標10万人の半分にも届かなかった。
 タイ観光庁によると、2019年にタイを訪れた外国人は約4千万人で、日本人は約180万人だった。


タイ、日本などからの入国は隔離免除へ 11月から 接種済み条件:朝日新聞デジタル