規制緩和しつつも、2千人で高止まりのタイの感染者数。
もどかしい、時が止まった状態が続きます、、、
自分たち身の回りでの行動、対策は何ら変わらない。
もう街は半分、その機能を有してないのだから!近寄る必要もない。
一喜一憂するのは余計なこと。

17日からバンコクで飲食店店内営業再開、タイ全土で酒提供禁止継続(newsclip)


タイ政府は15日の新型コロナウイルス感染症対策センター会議で、新型コロナ対策を17日から緩和することを決めた。

感染状況が最も深刻な最高厳重管理地区をこれまでの6都県から
バンコク都、バンコク北郊のパトゥムタニ県ノンタブリ県、南郊のサムットプラカン県の4都県に、

感染状況が深刻な厳重管理地区を45県から
アユタヤ県、カンジャナブリ県、ナコンパトム県、ペチャブリ県、プラジュワブキリカン県、ラチャブリ県、サムットサコン県、チャチュンサオ県、チョンブリ県、ラヨン県、ターク県、ナコンシータマラート県、ナラティワート県、ラノン県、ソンクラー県、スラタニ県、ヤラー県の17県に減らし、
その他の56県を管理地区に指定する。

17日からバンコクとその近郊3県で、店内営業を午後9時まで、持ち帰りを午後11時まで認める。
ただし、席数は通常の25%まで。

厳重管理地区では飲食店の店内営業を午後11時まで認める。

最高厳重管理地区と厳重管理地区ではコンビニエンスストアの営業時間制限(午前4時〜午後11時)を継続する。