静かなソンクラーン開幕。
医療従事者の方々は正月休みも返上、コロナと戦っています。
チェンマイでは「国際展示場」が臨時のコロナ病棟になっているのですね、事の重大さが伝わってきます。
タイの第3波がタイ正月、ソンクラーンを直撃しています。


【バンコク時事】水掛け祭りと呼ばれるタイ正月ソンクラーンが13日、3日間の日程で始まった。昨年は新型コロナウイルスの影響で事実上中止。今年も直前に感染が広がったため、水を掛け合う大規模行事は見送られ、静かに新年を祝った
 プラユット首相は事前に「ソンクラーンは身内だけで祝うように」と呼び掛けた。バンコク中心部の寺には市民が家族単位で訪れ、参拝した。
 タイではこれまで感染は比較的抑えられてきた。しかし、バンコクの歓楽街などで3月下旬、相次いでクラスター(感染者集団)が発生。12日の新規感染者は過去最多の985人で、13日も965人に達した。