ミャンマーのクーデターがタイ社会にもたらすもの/バンコクにおける政治集会(2月4日)

本日2月4日(木)20時頃から、首都バンコクのBTSスラサック駅近くのミャンマー大使館前において、タマサート大学学生グループによる政治集会が実施される予定です。

・集会場所及びその周辺では、治安機関と集会参加者等による衝突に発展するおそれもあります。

・今後不測の事態に備え、政治集会が行われている現場周辺への不要不急や興味本位での立ち寄りを控え、ご自身の身の安全を確保してください。なお、万一邦人の被害情報等に接した際は当館に御一報ください。

インターネット上の情報によれば、ミャンマーでのスー・チー氏拘束等一連の動きを受けて、以下の日時・場所において、タマサート大学学生グループが集会を呼びかけています。
                          
日時:2月4日(木)20時頃から
場所:バンコクのサトーン通りBTSスラサック(Surasak)駅近くのミャンマー大使館前

 
つきましては、在留邦人及び滞在者の皆様におかれましては、不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努めるとともに、現場周辺には近づかず、安全確保には十分注意を払って下さい。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)