未曾有の殺人犯はジャカパン・トンマ容疑者/タイ陸軍一等曹長(32)。

2月8日(土)午後4時ごろ、
ナコンラチャシマ市内の【住宅で】上官の陸軍大佐とその義母を射殺

不動産売買をめぐるトラブルが原因との報道。


犯行後、市内の【陸軍基地】で銃を発砲し、
兵士1人を殺害、2人にけがをさせ、軍の車両とライフル銃2丁とM60 機関銃、銃弾770発などを奪った。


午後4時30分、軍用車両で基地から市内のショッピングセンター【ターミナル21コラート】に
自動小銃を乱射、買い物客ら多数を死傷させた。

軍関係者によると、トンマ容疑者は射撃の名手で、待ち伏せなどを含め襲撃についての研修を受けていたという。
同容疑者はソーシャルメディアを多用し、武器と一緒に写った自らの写真などを投稿していた。
「ずるをして金持ちになった。他の人を利用した。その金を地獄で使えると思っているだろうか?」「全員、死は免れない」

現場に居合わせたという男性は地元テレビ局に、容疑者は「あらゆる方向に撃っていて、銃撃はとても正確だった」「頭部を狙って撃っていた」といい、男性の同僚も犠牲になったと話した。

そのまま立てこもり、
2月9日(日)午前9時ごろ、突入した警官隊が犯人を射殺(その際、警官1人が死亡、2人が負傷した)。

死者29人、負傷者58人(入院21人、帰宅21人)
制圧にあたり特殊部隊10部隊から300人を超える警官・兵士が投入された。



<タイの悪い側面が出て、痛恨の極みです>


もしプミポン国王がご存命なら、こんな事件は起きたでしょうか?
プラユット首相は軍人、
子供に手を噛まれるどころか、戦争をけしかけられています、
一体どう責任を取るのでしょう?

相手はいわば「子供」、「子供」に銃、武器を与えればこうなるかも。

でもそんな体制、「子供」を作ってしまったのは、為政者たちなのでは?