2月3日(月)15時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,802バーツ↑
(US100ドル=3,069バーツ↑)

気づけば、バーツ急落
とは言え、まあ、気休め程度。


年明けからタイバーツが弱含んでいて、1月30日はついに2019年6月以来となる1ドル31バーツ台にまで下落。

バーツは年明けから軟調傾向だったものの、この1週間ほどで新型コロナウイルスによる肺炎の感染が世界的に拡大していることを受け、さらに下げ幅を速めているのが特徴。

昨年末は1万円両替しても2,700バーツ程度だったものが、現在(1月31日時点)は2,800バーツ台半ばまでになり、我々日本人旅行者にとっては有難い傾向。

タイバーツ急落、ドルに対し7か月ぶりの安値