訪日タイ人旅行者、遂に年間100万人を突破

2018年11月に日本を訪れたタイからの旅行者は102,900人。これは過去最高で、1月〜11月までの累計では1,003,800人となり、史上初めて年間での訪日タイ人旅行者が100万人を突破。年間では112万人程度に達する計算。

2012年に年間25万人を突破してから6年で4倍。2013年7月のビザ免除が契機とは言えまさに爆発的増加です。
個人的にも大阪に行った時など以前はタイ語が聞こえれば嬉しがって話しかけたりしましたが、もうそんなことも必要ないような(却って怪しまれる? 爆)


逆に日本人のタイ行きが伸び悩みが心配、、、でもないようで、日本からタイが160万人、インバウンド・アウトバウンドとも日泰関係は相変わらず活発、嬉しい限り。

資料/
訪日客年間3千万人達成。
2013年、1千万。
2016年、2千万。
2018年、3千万。
2020年、4千万を目標。

訪日外国人観光客は6年連続で過去最高を更新、もう上しか見えない状態。突っ走るしかない日本。
 日本を訪れた2018年の外国人の数が12月18日、初めて3千万人を突破した
 アジアを中心とした旺盛な訪日需要に支えられ、5年で3倍に増えた。ただ、政府が掲げる20年に年間4千万人の目標を達成するには航空便の拡大や宿泊施設の整備など、多くの課題がある。
 訪日客数は18年の年間では3100万人超に上るとみられる。けん引役となっているのはアジア諸国で特に中国、韓国、台湾、香港の4カ国・地域で全体のおよそ7割
訪日客 初の3000万人突破 航空便や宿泊施設なお不足:日本経済新聞