日本は寒さの底。本当に嫌な季節、何とかならないかと思いますが、灯油をバンバン使う心苦しい日々です。
さてタイには3度のお正月がありますが、その2度目、中国正月、2017年は1月28日が春節とのこと。
タイには中華系の方はたくさん住んでいますので結構派手ですが! 
バンコクの中華街・ヤワラーは昨年10月に崩御されたプミポン前国王の服喪期間中ということで、公式の祝賀行事は行わないと発表しました。
ちょうど旅行中の方も多いと思いますがご留意ください。

バンコクの中華街、前国王死去で春節祝賀行事取り止め(newsclip)

 昨年10月のプミポン前タイ国王の死去を受け、バンコクの中華街ヤオワラート通りは1月28日の春節(旧正月)の祝賀行事を取り止める。
 これを受け、タイ観光庁(TAT)は25―29日にバンコク都内のルムピニ公園で開催されるイベント「タイランド・ツーリズム・フェスティバル」に中華街を再現したゾーンを設け、春節の祝賀行事を行う。会場では中国政府が派遣する約100人の演者が京劇、サーカスなどを演じるほか、中国人調理師による中華料理が振る舞われる。
 タイでは春節は国の祝日ではないが、中国系住民が多いため、例年、全国で盛大に祝われる。今年も中部ナコンサワン、南部プーケットなどで祝賀行事が予定されている。