ホントに作るんですね、中国式鉄道inタイランド。
建設は2016年5月からを予定、
しかし、それでもまだどこか信じてない所が…完成までに何もないはずがない、と。
計画はラオス国境のノンカイからバンコクの南東、タイ湾に面するマプタプット港までをつなぐ路線(734キロ)など。これを中国企業の手で建設します。

インドネシアでも中国との鉄道コンペに負けた日本、かつての東南アジアでの存在感はどこへ…


 中国がタイで建設する鉄道の起工式が19日、タイ中部アユタヤ県のチェンラックノイ駅で行われた。完成すれば、ラオスで中国が建設中の鉄道と合わせ、中国・昆明とタイの首都バンコクが鉄道でつながる
 中国は習近平指導部が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を進めており、この一環として、鉄道をシンガポールまで延ばす計画だ。
 両政府は、バンコクとラオス国境に近い北東部ノンカイなどを結ぶ総延長873キロの鉄道を中国が建設する方向で、既に覚書を交わした。しかし中国による融資の金利をめぐり交渉が難航、最終合意には至っておらず、着工は来年にずれ込む見通し。
中国、タイで鉄道起工式 将来は昆明―バンコクに #BLOGOS

タイの鉄道建設 中国が技術力アピール NHKニュース

 東南アジアのタイで中国が計画している鉄道の建設について、19日、両政府は記念の式典を開き、中国側は技術力の高さをアピールしました。
 この計画は、タイ東北部のノンカイから首都バンコクや港湾地帯にあるラヨーンまでのおよそ860キロで鉄道路線を整備するもので、中国とタイの両政府は2016年5月から建設を始めることで合意しています。
 計画の一環として、タイ中部のアユタヤ県に車両をメンテナンスするための大規模な拠点が整備されることになり、19日、建設予定地で記念の式典が開かれました。
 この中でタイのプラジン副首相が「この計画は将来的に地域経済を底上げするだけでなく国の競争力を高めることができる」と述べました。
 また中国の王勇国務委員も「両国が関係を深めることは、経済面だけでなく安全保障面でも有益だ」と述べました。
 中国からは国内を走る高速鉄道の車両の模型や路線図などが展示され、技術力の高さをアピールしていました。
 中国とタイの両政府は、来年5月までにこの施設を整備する計画で、鉄道路線が完成することで両国間で貿易や人の移動が活発になることが期待されています。
 ただ、建設を巡ってタイ政府は、コスト中国からの借り入れ金利が高すぎるとしており、両国では引き続き協議を続けることにしています。