9日(月)タイ下院解散、2014年2月2日の総選挙決定。
しかし25万人以上が反政府デモに参加し10日午後も首相府周辺などで約6500人(警察発表)が座り込みを続け、インラック首相の即時退陣を叫ぶ(←だだをこねる)。

首相は10日の記者会見で「同じタイ人なのになぜ私たち(タクシン氏一族)を追い出そうとするのか」と涙ながらに訴える。
「私はできる限りの譲歩をした」と語り、デモ隊に抗議運動をやめ、総選挙に参加するよう訴えた。

しかし民主党は来年の総選挙に参加するかどうか発表していない(このまま総選挙ではまたインラックが首相に戻ってしまうので…)

やれやれ…(by ハルキ・ムラカミ)

金もらってデモ、投票はタクシン派にというタイ : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

バンコクのスラム地区クロントイで昼間からビールを飲む労働者の脇に、与党タイ貢献党の看板が立つ。
「ここの地区はみんなタクシン(元首相)派だけど、反政府デモにも参加している」
バイクタクシー運転手のニットさん(48)が語る。

デモに参加すれば反政府派から500バーツ(約1600円)、
バイクの後ろに誰かを乗せて参加すれば700バーツ(約2200円)がもらえるのだという。
だが選挙では「貧乏人に優しいから」と、タクシン派に投票すると明かす。

チェンマイ大学のポール・チェンバス研究員(政治学)は「金目当てのデモ参加者が多いのも事実だ」と指摘する。