在タイ日本大使館からのお知らせ(緊急一斉メール)

在タイ米国大使館発出のテロに関する緊急メッセージについて(2012年1月13日22:30)

1. 
13日,在タイ米国大使館は,米国民に対し,同大使館のホームページにおいて
「外国のテロリストが,近い将来,観光地を対象に攻撃をおこなうおそれがある。米国市民は,バンコクで多数の西側の観光客が集まる公共の場所を訪れる際には十分注意することが求められる。」
との緊急メッセージを発出しました。
【駐タイ米国大使館ホームページ関連部分】
http://bangkok.usembassy.gov/011312emergencymessage.html

2.
このような情報もありますので,在留邦人及び旅行者の皆様におかれては最新の情報を入手するように努めていただくとともに,大勢の人が集まる場所等においては周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど十分注意を払ってください。

3.
なお,首都バンコクに対しては,「十分注意してください。」との「危険情報」を発出していますので,その内容にもご留意ください。
【外務省海外安全ホームページ関連部分】
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2011T212


在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511

※なぜこのような通達をアメリカが出したのかは不明…

追記: バンコクにおけるテロ脅威に関する注意喚起/1月14日20時、タイ警察はテロの危険性が高い場所として,

イスラエル大使館(スクンビット19,オーシャンタワー2の25階に所在)

カオサン通り

スクンビット22

を挙げて警戒を強化している旨発表。