バンコク東部の大型ショッピングモール「SEACON SQUARE」(Srinakarin Road)の1階で11月19日、洪水時や避難生活で必要となる災害対策用品やサービスを一堂に集めた展示即売イベント「タラートナット・シンカー・スーパイ・ナムトゥアム(洪水対策用品マーケットの意味)」が始まった…

ゴムボートやライフジャケット、長靴、防水バック、飲料水やインスタント食品や缶詰などの非常食、テント、寝袋、ペットフード、家の修理に使うDIY用品、洗浄剤や水質改善のEMボール、医薬品など幅広い商品(20バーツ〜3万バーツ)などをそろえる。
そのほか、病院による洪水に起因する感染症などのヘルスケアやトンロー動物病院のペットのケアの相談窓口、大手銀行3行による特別低金利ローンの相談窓口なども設置し、被災者らのニーズに応える。

バンコクのSCに「洪水対策用品マーケット」−特別価格で販売 - バンコク経済新聞


大手衣料品チェーン「ユニクロ」は11月11日、タイ進出3号店目となる「セントラルプラザ・グランド・ラマ9店」の開業日を12月14日に延期すると発表した…

こうした中、同店を展開するファーストリテーリンググループは、タイ国王によって設立された基金「チャイパッタナー・ファンデーション」を通じて現地で必要とされるTシャツ、シャツ、ショートパンツや下着類など約2万着(約3,000万円相当)を支援物資として寄贈を決定…
http://bangkok.keizai.biz/headline/788/
2004年(スマトラ沖地震のあった年です)、バンコクで住んで、そこに地下鉄が来ただけでも驚いていたのですが、さらに年月を経てセントラルデパートが来る。おまけにユニクロまで入ると言う…

次、バンコク行った時はラマ9には是非行ってみたいと想います!(電機街フォーチュンタウンの向い側です)。