タイ、バンコクを中心とした洪水の現状とタイ全土の旅行情報(11月11日付)

タイ洪水現地情報(バンコク中心部/写真中心) http://flood.namjai.cc/

●バンコクの状況
バンコクでは、シーロム、サートーン、バンラック、スクンビットといったバンコク都心部では、大きな影響は出ていない。
*北部からの水は、現在バンコク北部に広がっており、ウィーパワーディーランシット通りとパホンヨーティン通りに流れ込み、現在ウィーパワーディーランシット通り沿いのタイ国際航空本社まで到達している。
一部はパホーンヨーティン通りと合流し、BTS(高架鉄道)モーチット駅前まで来ている。
*水の一部は、バンコク東部および西部にも広がっている。東部では、キングスダイク(バンコク都心を囲む防水壁)の外側に広がり、タイ湾へ向かっている。
西部では、東部よりも大量の水がターチン川を通じてタイ湾へ流れ込むため、広範囲に及ぶ浸水が発生している。
*両地域を比較すると、バンコク都心部もあるチャオプラヤー川以東は、地元タイ人の住宅エリアである西側よりも被害が抑えられている
東側には、ポンプ場、運河、キングスダイク(防水壁)を含めより高度な排水システムが設置されている。そのため、バンコク都心部では、洪水の影響は限定的になるとみられている。

●洪水の影響を受けていない地域
〔北部〕
チェンマイ、チェンライ、ランパーン、スコータイ
〔東北部〕
ルーイ、ウボンラチャター二―、ウドンターニー、ナコーンラーチャシーマ(コラート)
〔中部〕
ホアヒン、プラチュアッブキリカーン、カンチャナブリー、パタヤ、チョンブリー、ラヨーン、チャーン島
〔南部〕
チュンポーン、サムイ、クラビ、パンガープーケット、スラーターニー、ナコーンシータマラート、ソンクラー、サトゥーン

その他詳細は→タイ、バンコクを中心とした洪水の現状とタイ全土の旅行情報(11月11日付)