先日1万円が3900バーツを超えた時点でも「今世紀最高、歴史的数字」と評しましたが、ついにバンコク銀行の為替値として、4000バーツを超えました。

9月29日 14時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=4,002バーツ↑
(US100ドル=3,085バーツ)

この数値は1997年、いわゆるアジア通貨危機でバーツが暴落し、1998年1月に1万円=4,200-300バーツになって以来の為替数字と想われます。

まだ私がタイに住む前、旅行者時代だった2002年くらいだと想いますが、
まだスーパーリッチなど両替屋の存在を知らなくて、サイアムスクエアの普通の銀行にUS100ドルを両替しに行くと4000を超えていた事を覚えています。 そのとき1万円はたぶん3600くらい。
「100ドルは価値があるなあ」
それが長らくタイでのドルのイメージでした。

完全に円とドルが逆転しました。

1ドル=76円という異常事態の続く為替状況…