猛暑から一転し、29日にかけて大雨となる恐れがある。非常に湿った空気の影響で、すでに九州では激しい雨が降り出しており、今後は東に広がる見込み。
29日夕方までに予想される雨量は、いずれも多い所で、四国の太平洋側で250ミリ、九州南部で200ミリ、四国の瀬戸内側、近畿南部、北海道で150ミリとなっていて、土砂災害などに警戒が必要。

雨が欲しい!と想ってたら来ました!
山に雲が掛かって山水画、チェンマイのドイステープ思い出してます。

- - - -
-----
-----