タイ最高裁、タクシン元首相の資産6割没収 2010/2/26 (21:10)| トップニュース 政治
【タイ】不正蓄財容疑で凍結されているタクシン元首相のタイ国内の資産766億バーツ(約2070億円)をめぐる裁判で、タイ最高裁判所は26日、職権を利用して不正に得たものだとして、資産の一部、464億バーツの没収を命じた。タクシン氏は資産の4割を保持したが、今後、脱税で巨額の追徴課税を受ける可能性がある。
タイ最高裁、タクシン元首相の資産6割没収|newsclip.be

無難な判決に…そうおもえば良いのでしょうか?
(要約としては)タクシン氏は国外滞在中の2008年8月、首相在任中に妻が国有地を競売で購入したことで禁固2年の実刑判決、以来、タイに帰国できず。
これで資産が「全額没収」されれば、支持基盤の維持が困難になり、タイでの政権復帰が極めて困難となる。しかし「全額没収」の「大英断」はタクシン派の暴動や反タクシン派幹部の暗殺につながりかねないという懸念があり、今回の判決はその過激な反発を抑える内容になった。。。ニュースの見方、見解には、今後の展開も含めてそれぞれのメディアで広がりが出て来るでしょうし、大きな事件が起こらないことを。
1200億円没収されてもタクシンの勢いは変わらない!??

追加記事:
タクシン氏1240億円没収 タイ最高裁判決東京新聞:国際(TOKYO Web)
26日、バンコクで、資産一部没収の最高裁判決に、泣きくずれるタクシン元首相の支持者(写真)