まったく知らなかったので最初見た時は「!?」。
チェンマイ・エアポートプラザ近くのリンピンスーパー・ニムシティー店の屋外。
日本に良くある足湯、そこに魚がウヨウヨ。シニアの白人女性が面白そうに足をつけていました。
「フィッシュスパ」「ドクターフィッシュ」などと呼ばれ、魚に足の角質を食べさせる新種のマッサージ…なるほど。
発祥の地はトルコらしく、ネットを少しさぐってみると日本、マレーシア、シンガポール、バリ島、プーケット、バンコク、そしてチェンマイという広がりのようです。
お値段は30分300バーツですか。日本と比べたら安いのでしょう。

写真はドイステープに向かう途中、フアイケーオ通りのやたいラーメンのとなりに見つけたお店。窓際にずらりと水槽が並んでいます。
チェンマイでも流行して増えて行くのでしょうか?

fish_spa