以前高水準の円高状態。世界的景気低迷の中、日本から訪れる方にはせめてものプラス要因であるでしょう。
ですが、対バーツに関しては、とびきりの高値を付けている訳ではないですね。
なぜ踏ん張れる? バーツ。

本日のバーツ・円/
12月14日 11時為替レート(バンコク銀行)
10,000円=3,652バーツ↓
(US100ドル=3,275バーツ→)


タイATM150バーツ手数料問題が表面化してから、防犯上のリスクはともかく現金での両替率はより魅力を増しています。バンコクではタニヤリカーやスーパーリッチもありますが、チェンマイでもS.K.Money Changer(Mon-Sat 8:30AM - 18:00PM/Sunday Closed)の登場などでかなり良いレートで現金両替ができるようになっています。
今日などでも両替商なら3,700越え。1バーツ=2.7円、ここ10年でみても非常に高いレートです。

チェンマイでの主な両替屋さん、
1.S.K.Money Changer、
2.泰北養蜂公司(通称蜂蜜屋/Royal Jelly, Good rate exchange)、
3.ナイトバザール写真屋(イムンガーム)

場所などは以下をクリックしてください。
資料記事:チェンマイでの両替(円、バーツ、ドル)currency exchange; Chiang Mai, Thailand Tourist Information

なお、S.K.Money Changerのインフォーメーションによると「その日の8:30から15:30までがBEST RATES、その後1時間経過毎にBETTER、GOODレートになっていく」とのことで午後3時半までが最も良いレートなんですね。
ちなみに、きょう午後3時の時点で両替屋さん3店のレート。
3,722
3,710
3,700
でした。
毎回通用するとは限らないので、あくまでひとつのご参考までに。