アトランタ五輪ブラジル、ナイジェリア、ハンガリー
シドニー五輪南アフリカ、スロバキア、ブラジル
鮮烈に覚えている上記の組み分け・対戦に比べ、
アテネ五輪/イタリアが居たよなあ…ぐらいしか思い出せない(がっかりした印象しか残ってない)。
実際はパラグアイ、イタリア、ガーナ

そして北京五輪アメリカ、ナイジェリア、オランダ

アメリカにはシドニーでPK負け(中田ヒデが外す)、
ナイジェリアにはアトランタで力負け(ナイジェリアは結局金メダル)、
オランダは3年前のワールドユース、現リバプール所属のバベルなどに翻弄された試合を思い出す…
反町JAPANには厳し過ぎて逆にスッキリではないか? 失うものは何も無い。何を掴めるか…うーん、イメージはアテネの山本監督と限りなくダブる…

痛いニュース(ノ∀`):【聖火リレー】韓国で走者3人が出走辞退「チベットへの中国の強硬措置に抗議する」

痛いニュース(ノ∀`):【豪州】 聖火リレーの最中、上空に「フリーチベット」の飛行機雲が出現