2005年8月25日ラチャダー・ハリウッドにて(25/AUG/2005 thu)

当初予定していたブラックヘッドが500B/一人というので「そんなの払う気になりません」と連れとも意見一致、急遽変更で10日前にチェンマイで観たばかりのセークをハリウッド(ラチャダ)で再び。
内容はCHAOの記事とかぶらないよう、違いを箇条書きで。
・入場料はあっと驚く400バーツ(2ドリンク付き)。インフレ傾向くっきり。
・初めてのラチャダ店、規模はさほど大きくない。タワンデーンやポオクンパオのようなライブレストランの方が全然大きい。
・開演は我々の予想も40分上回る深夜0:25、待たせてくれるぜ。
・前半部分のセットリストはほぼ同じも、後半はかなり変えてきた。
・終盤にはFLYのG、JACK(7chマレーンマンのMC)や、セークの兄弟などゲスト飛び入り。
・♪パンティップをやらない代わりに♪ソムサーンを2回。締まり悪くて減点5。
・終演2:05、長さは同じでもチェンマイ公演とはずいぶん内容も印象も違う。
・SEKくらいの質を持っているアーティストなら同じツアーを複数回見るのも面白いと想った。Liveは生き物ですから。
・帰りがけT-シャツ物色、白黒2種類、ボクは白を購入、200B。日本などタイ以外の国で着用予定。

sekT-shirts個人的には飛び跳ねると頭痛がするコンディション、やっぱり最近のアルコールはマイナス。

体調良くなければ楽しめないので、日ごろからの調整を自戒しつつも、久し振りにサブカル天国タイランド満喫しました。

その他、セークについての記事:
SEK LoSo -ロックアーティストとしての大いなる可能性-(2004のレポート)
SEK LOSO live in Mandalay
Black&White(SEK LOSO,2006発表新譜)