taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

16 6月

where is the rainy season?

西日本は雨が降ってません、空梅雨。

昨日に続いて再び、カラバオ・エート氏の言葉。
「いま世界中どこでも流行る歌、好まれる歌はラブソング。
それもいいとは思うが、
生きる、とはどういうことか、
人を思いやる、とはどういうことか、
人をかわいそう、とおもうことはどういうことか。
そういうことを知って欲しい。
カラバオはそういう歌しか歌わない」
カラバオであるからこそ説得力のある言葉。

言葉は重要、しかしそれ以上に
ボクは「音」がもたらすイメージに魅せられてきた。
音楽は言葉を超える。
タイ語も勉強しますけどね、もちろん。
15 6月

his comment

印象に残ったカラバオ、エート氏の言葉。
「バンコクは東京みたいな大都会、忘れがちなこともいろいろある。
いま若い世代はショッピングなど遊びにほうけがち。
しかし忘れてはいけないことがある。
私は日本ではお寺に行きたい、
静かなところに行って自分自身を見つめなおす。
タイ人も、特に都会に住む人はそういう時間が必要ではないか」
バンコクは凄まじい勢いで変化している。
さまざまな場面でタイらしさが失われていることも多々。
そこに危機感を抱くことは重要だと感じる。
14 6月

アジアポップスウインドのゲストにカラバオ/Carabao in Asia pops wind

0c79cb96.JPG昨晩のNHK-FMアジアポップスウインド、ゲストにカラバオのエート氏登場。
タイ中部のスパンブリー県出身なんですね。
ゆっくり話してくれるのでタイ語が聞き取りやすい。
とても親近感が持てました。
(ヤヤインなど女性陣は早口でお手上げ!ですが)
彼の活動暦はそのままタイの音楽史にも繋がっており、ぜひ聞き込んで勉強したいと想っています。
聞き逃した方は明日水曜午前10時から、のハズです、ご確認ください。
13 6月

Thai Language

27e1c31f.jpeg先週のNHK教育「旅するタイ語」をまとめてビデオで見ました。
「これいくら?」の回は楽しかったな。
やっぱり実用的なのが一番。
でも5分間の番組をビデオにとり続けるってなかなか大変。
この前のインドネシア語が全ての回まとめて再放送されるようで(6/19 15:35〜)、ということはタイ語もやがてまとめて再放送の機会もあるかと。
そのときは是非ともみんなで情報まわしましょう!
12 6月

original domain

この週末はひたすらネット関連の調べ物でした。
図書館で山ほど本を借りてきて、一般の本屋でも立ち読み。
こういうことはタイではできないので、しっかり日本にいる間に。
実はネット事情も同様で、日本の方が数段環境は良いので。
独自ドメイン、レンタルサーバー、CSS、webカラーリング...
覚えなきゃいけないことはヤマほど、時々途方にも暮れながら。
おかげでNHKの「旅するタイ語」もビデオで録画のまま未見。
パソコンの電磁波にやられないよう、ボチボチやりますが。
10 6月

モダンドッグの単独ビッグコンサート/moderndog 10th anniversary concert

071d2065.jpgSOI-MUSICさん経由、先月BKKで行われたモダンドッグの単独ビッグコンサート、そこで話題になった遠藤治朗氏らによる見事な照明workが紹介されてます。
こういうのを見るとT-POPの底力というか、タイのmusic sceneの面白さ、奥深さを再確認させてくれます。

「タイって結局こんなのでしょ」という偏った見識を吹き飛ばしてくれるこのような活動、積極的に支持します。
ボクはタイも好きだけど、それ以上に「音楽」が好きなので。

moderndog、さすがにこのコンサートにはベーシストを入れてやってくれたようで(苦笑)うれしいです。
ぜひLiveの音も仕入れて聞いてみたいと想います。
9 6月

ARG vs BRA

今回の日本代表ドイツ行き決定は
「サッカー」と「タイ」というキーワードが強力に結びついた特大級の出来事。
おかげさまで「タイフェスティバル」を上回る方々の訪問いただきました。
他の人気サイトのように4ケタじゃありませんよ(苦笑)。
一方南米ではアルゼンチンvsブラジルのすさまじい予選。
スーパースター軍団ブラジルから3点を奪い、
アルゼンチンが見事にWC行きを決めました。
その気迫たるや、もともと上手い人が死に物狂いでPLAYするんですから...
もう日本なんかそこに入ったら××ですよ。
ですから、もう標的をアジアから世界に向けて。
あ、金曜深夜からは若い世代のWC、ワールドユースが始まりますので
日本は開催国・優勝候補オランダと開幕戦で当たります。
そっちも注目してみてくださいね。
8 6月

We've got it !

北朝鮮-日本 in Bangkok.
やっぱりFWが点取るって、気持ちが良いですねぇ。
7 6月

tomorrow is coming for us

連日ニュースやワイドショーでBKKからの映像。
この騒ぎ振りってあの日韓WC以来ですね。
はっきり言ってもうドイツ行きは決まってるので
代表も次のことを考えなきゃいけないんですが。
来週にはコンフェデレーションカップと言って
ドイツでのプレWCが始まるのですよ。
金曜にはワールドユースも始まるし。
でも連日BKKからの情報が入るのは気分良いです。
練習も一般開放されたようですし、
とにかく明日はスコールが来ようが、中澤が調子悪かろうが
すっきり勝ってください。
(P.S.webデザインのリニューアルを始めました)
6 6月

football crazy in BKK

スパチャラサイ競技場での北朝鮮-日本。
ボクは冷静なんですがメディアは熱を帯びてます。
ニュースでバンコクの街の声をひろってみたり。
心配されるスコールですが予測なんて不可能。
そろそろきそうだ、っていうのは分かりますけど。
今日、会場で練習したようですが、
客席は開放されたのでしょうか?
いくらタイとはいえ、代表周りのガード、
今回はかなり固いように予測されますが。
5 6月

Bangkok ...?

日本代表がドンムアンに着いたようで。練習はどこでするのでしょうね。
タイイープン(タイ日)ディンデン競技場?
でも前日練習などファンに
客席開放してくれるのではないですかね?
バンコクの方は注目しましょう。
見慣れたバンコクのど真ん中にある
無観客のスパチャラサイ競技場で日本のWC行きが決まる...
12年前の「ドーハの悲劇」
8年前「ジョホールバルの歓喜」
そして「バンコクの??」
皆さんなら何て名付けます?
4 6月

almost got it

日本代表、ドイツ行き王手。中田英寿監督すごかったですね、
あ、監督は別の人でしたっけ?

わが徳島ヴォルティスもついに地元初勝利、
どちらも勝ち点3の重みずっしり。
余談ですけどTBSのスパサカに城選手出てまして、
彼は昨日横浜FCの選手として徳島・鳴門で奮戦してました。

ボク個人は毎日PCに向かいっぱなし。
アタマくらくら。殆どwebデザイナー?
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!