taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

1 8月

マリワナ(カーウット・トンタイ)、コーネリアス(soi music fes)、Sek LOSO、パラドックス、T-BONE、zeal、BIG ASS、スティング、ダイナミクス(スラシー)、モダンドッグ、ナカリンキンサック...タイランドLive Report Archive

以前の日記の中からタイでのライヴレポートをまとめてみました。 なかなかのビッグネームが揃ってます。 紹介アーティストは、 マリワナ(カーウット・トンタイ)、コーネリアス(soi music fes)、Sek LOSO、パラドックス、T-BONE、zeal、BIG ASS、スティング、ダイナミクス(スラシー)、モダンドッグ、ナカリンキンサックです。 2004年5月22日 My best concert in Thailand 結局ボオクンパオでのLiveはマリワナでした。 開演24時。 前座バンドの憂鬱を吹き飛ばすような突き抜ける声。 全身で歌を表現するLead Vocal(カーウット・トンタイ)。 ある場面ではボブディランだったり ニールヤングだったり、 ユッスンドゥールを思い出したりもしました。 日本の沖縄の香りもしました。 もしかしたら、これがタイでいうところのワールドミュージックかもしれない。 このパッションやソウルは間違いなく世界中の人に伝わる、普遍的なもの。 なんだかT-POPなんて言葉がとても小さく思えてしまいました。 2004年9月10日 Soi Music Festival 夕方、RCA(ロイヤルシティアベニュー)プラザに。 入場料はあっと驚く501B(expensive!!  開演も開場も40分押し。直前までリハの音が漏れてくる。 オープニングはdeath of a salesman、タイのインディーズらしいが、tasteはユニーク。ハードだけどキッチュ? ステージ奥にあるプロジェクター映像とのシンクロもこのイベントのKey。 pod次はモダンハッピー、何のことは無いmoderndogのこと。 この際言いますけど、ボクはモダンドッグのファンです。 年内には新譜発表? 大いに期待。 トリはコーネリアスfrom Japan。 小山田くんのことは詳しくは無いけど、最近はYMO組とのコラボが多いので少しは。 冒頭で見せた、タイの(今放送されてる)TV映像をそのままヴィデオスクラッチするのには度肝を抜かれました。観客にもカメラ向けるし、ボクの顔が映ったらどうしようかと(苦笑。日本代表としての面目は十分果たせたstageだったのでは? 映画館の廊下を借りただけでイベントの環境としては「?」 Musicianたちの音楽が良かっただけに非常に残念。立ちっ放し、兎に角疲れました。 そういえばイーグルスのバンコク公演決定。 さあどうする? 2004年10月18日 Sek LoSo on stage 夜、久し振りにチャオプラヤー川を渡り、ピンクラオのポオクンパオへ。ラチャダーの同店よりも一回り大きい。 11時30分、3人(g,b,dr)のバックを従え、超大物セークがステージ登場。 いきなりBird/Sekの曲で始まったと想ったら2曲目は今年タイ最大のヒット曲「オンプラマープット」、これをやるのかあ、セーク。 で、「ソムサーン」「モーターサイ」とたたみかけ。 LoSo時代の曲が中心とはいえ、「クン・ルーマイクラップ」もやっちゃたし、Bird/Sekの曲は完全にセークの“営業”ナンバーに? でも「チャイサンマー」はBirdが歌うver.が好きになってしまったと実感(LoSoオリジナルはキーが低い?)。 最後はハードに「パンティップ」で終了。「アライゴヨーム」は無し。 1時間15分の営業ショー、いや楽しかったです、十分。 ちなみに同所では来月3日にはマリワナ、9日にはヌーボーがブッキングされてます。 (Thai Popper'sさんにも載ってない情報)古式按摩の帰りにでもいかが? 31/OCT/2004 Halloween! ハロウィンの今夜、再びラチャダーSoi4へ。 SNOPでParadoxのLive。 警察官も見廻りで物々しい雰囲気。入場料65B、コーラ&氷で90B。 このお店、ステージの位置が悪く、環境的にはきつい。 ほぼ定刻、11時過ぎに開演。 Beatles編成に2人のにぎやかしVo、狭いステージに6人はかなり窮屈。 その点を考慮してか、VoのGは弁当箱スタインバーガー、もう一方のギタリストはMusicmanのルカサーモデル、かな。どちらも小ぶりなギター。 変態ぶりで有名なBass、あんなに低く構えてよくベース弾けるなあ。 このバンドの曲はパワーコード(ギターの低音弦のみを弾く)主体だからベースも自由度が高い。 つまりサボって、いやらしーいperformanceに時間を割ける。 確信的にワンパターンな曲が多いParadoxだが、バンド全体のかもし出すほのぼのキャラクターがそれをカバー、そんな曲調を許せてしまうところが特徴。 11月10日にはスリップノットのOpeningイベントにも出演、それらしいデスっぽい曲も披露した。 時間にしてちょうど一時間。 駆け足のHalloweenの一夜…… 2004年11月15日 T-BONE at Saxophone 昨晩はアヌサワリーのサクソフォンパブへ。 23時過ぎよりT−BONE。 知る人ぞ知る、熟練スカBand。 やっぱり本当に(演奏が)上手い人って言うのは肩に力が入っていないし、Playもさりげない。「俺って上手いだろ」光線を出すMusicianほど実はたいしたこと無く、正直、見苦しい。 このバンドはグルーヴ(所謂ノリ)の塊のようなバンドで もうBassとDrums見てるだけでお腹いっぱいでした。 特に親指と人差し指で弾くベーシスト、左手での弦のミュートとのタイミングが絶妙。速い曲でのスリーフィンガーも楽々こなす。 なによりDrumsとのコンビネーションが楽しくて仕方なかった。 あまりに軽々と弾いているので、演奏終了後に「ショートスケールのジャズベ(Jazz Bass)?」と本人に聞いてみたら「いや、ノーマル」との答え。 彼がいかに楽器を自在に操っている証拠だとも想った。 いやー、屈指の演奏を見せてもらいました。 終演深夜1時、音楽は素晴しい。 2004年11月22日 Zeal at Blue Bar zeallive夜、ラチャダsooy4でzeal。 このバンド、Looksも含めてとてもバランス良し。 日本でも十分イケるのでは? クリック(曲のテンポの電子音)に合わせてひたすら叩く、ドラマーが健気で二重丸。 でも、クリック曲が多い→アドリブが無くなる→決まりごとに終始し、Live(生)の良さが出ない。 個人的にはクリックの多用には抵抗あります。 (sillyを初めとしてタイのバンドには多いですが) 2004年12月28日 for re-setting 昨晩、CWP前のビアリオのビアガーデンでBIG ASS。 そこまでやる?というくらいのサービス精神に完敗。 そうかビッグアッスってラウドロックとタイ歌謡を絶妙にmixした発明家だったんだ。 ささやかですが最高の忘年会でした。 12/JAN/2005 Sting Live in Bangkok stingbkk30分押して21時開演。 3曲目の♪孤独のメッセージに狂喜乱舞。 やっぱカッコいい曲だ。 ♪Englishman in NYなどヒット曲をちりばめ進行。 6人+女性コーラス2名、 スティングは1pick upのテレキャスベースを親指と人差し指でつまびく。 ギターのドミニク・ミラー、エッジの効いたguitarを弾いていた彼も落ち着いたプレイを披露。時の流れを感じる。 ♪ロクサーヌが長いなあと想ってたら80分ほどで本編終了。 ほとんど間をおかずアンコール突入、 2曲のあと、♪見つめていたい。 これは収まりよく終わりかと想ったら、 2度目のアンコールで静かに1曲披露して、並んで挨拶して終了。 ボクは1,000B(2,700円)の席でしたが最初は2,000Bの席で見てました。 最終的には7割くらいの入り、客の8割は白人。 サブカル天国バンコク満喫。 14/JAN/2005 moderndog at Heineken beer 夜、CWP前のビアガーデンへ。 今夜は大御所が出演。 ダイナミクスなるバンドはこんなアルバムにも参加している人たちで結成されたバンド。 マイシャローナ、smoke on the water、 We will rock youやHotel Californiaなどロック名曲集を円熟の味で披露。 22:50、いよいよモダンドッグ登場。 舞台の上は3人のみ、すなわちBassレス。 でもPAからは確かにベース音が。 thatsong新譜thatsongからオープニング2曲続けて。3曲目にいきなり代表曲ゴーン、飛ばしてる。 なんでもギターのMay-Tの誕生日らしくVoのPODが異様にハイテンション! おケツを客席に向けて腰ふりふり。 新譜から5曲、全9曲50分でSHOW終了。 かなり荒っぽいですけど熱いステージでした。 でも、やっぱりベーシスト入れてくれた方が落ち着いて聞ける気がします 16/MAR/2005.wed Pang Nakharin Kingsak at X-zone 朝webで見つけて急遽X-zone(チェンマイ)へ。 中規模ディスコでサイズは丁度いい感じ。 客足が遅く50分!待たされてshowスタート。 パーン・ナカリン以外にバンドは3人、すなわちレッド・ツェッペリン編成! でも何処からか生ギターやキーボードの音がポロポロと調子の悪そうなPAから漏れて来る…… この際、はっきり書きますがタイのバンドの同期モノにはうんざり!!
1 8月

Bangkok on my mind (1)

先週のBKK滞在で写真を随分撮りました。
住んでたときとは違う感慨があるので、いくつか紹介していきます。
powermusic










サイアムスクエア、ソイ2にあるCD屋さん、POWER MUSIC
ホントに小さな店なんですけど、ボク個人の感想ではココとBTSプロンポン駅高架の同店が、店員と音楽の話をしながら情報を得たりするのには最適の場所と感じています。
むろんタワレコがタイを撤退した後はエンポリアムやCWPにある洋楽も多数置いているCD WAREHOUSEも物量的には楽しいですが値段はこっちがボトムかと。
あとソイ4にあるDJ SIAMっていうお店もインディー系中心に充実してるかと。そこでは去年ファットフェスの切符もらいに行ったりしましたね。
街を歩くにしてもCD探しはやっぱり楽しみのひとつでしょうか。あとは楽器屋巡りも楽しいですけどタイは品揃えが厳しいかな。
31 7月

JAPAN vs N.KOREA1

現在、UAEのドバイスポーツなるTVチャンネルで東アジア選手権、日本-北朝鮮を観戦中。
最初は思いもよらぬ国からの中継で狂喜乱舞するも、
日本のつまらないミスからの失点に一気に不機嫌に。
激しく汚いサッカーをする相手のことは分かっているはず。
日本のクレバーなスタイルを見せつけ、きっちり結果を出して欲しい。
31 7月

Thai-POP Station

先日、スカパーso-netチャンネルで放送中の日本初のThai-POP専門番組タイポップステーションを何本か見る機会がありました。

初回だけ以前見ていたのですが、回も進み、撮影や演出も現場のアイディアが生かされて楽しい仕上がりになっていました。
またGMMのアイドル、G-Juniorゴルフ&マイクのMCも軽快。
やっぱりこのテの番組はMCノセないと、日本のジャニーズより上手い? 単にタイ語が良く分からないせいかもしれませんが(苦笑。
またPV素材も日本のマーケット、ファンを大いに意識したもので
日本在住のタイポップファンなら「動く」旬のT-POPを確認するには最適な選曲になっていました。
ボクも最新ヒットをチェックできて、勉強になりました。
ニコルの以前のPVなども流れるのですが、やっぱり原点と言うか、楽しかったです。
最初はボクもそんなにアーティスト知らなかったですし、「マイチャイマイチャイ」をギターで弾いたりタイ人の前で鼻歌で歌ったりしてましたから。
そう想えば、ずいぶんボクも大人になったものです(苦笑。
放送は9月一杯で一区切りらしいので、機会があればぜひご覧になってみてください。
30 7月

good-bye @nifty

当時流行の10万円パソコンを購入して即座に入ったプロバイダがiij4u。
料金が高いからと2ヶ月で乗り換えたのが最大手ニフティ。
それから丸6年。きょうニフティとの解約手続きを済ませました。
ネットを始めたころは10年計画でホームページを、などと想ってましたが、
ブログの出現などもあって5年を待たずして自分のwebを、そして独自ドメインも持てました。
それはボクの仕事や生活、人間関係にも大いに変化をもたらしてくれてます。
@niftyとの解約は時代の必然のような気もしますが、
それでも、名刺にも何度も記され、長らくお世話になったメルアドとの別れは、感慨深いものがあります。
29 7月

to Myanmar

7e363833.jpg朝8時過ぎ発でメーサーイへ。
ミャンマーのタチレク滞在は数秒間、入国と出国のスタンプを続けて押してもらいました。
30分でタイへ戻って来ました。
往復8時間、510Kmのドライブ、お疲れ様でした。
自宅に戻ってからレアルマドリッド-タイ代表をテレビ観戦をするもいつのまにか睡魔が襲ってきて...
29 7月

a hard days night

今日はタイトでした。
朝からPCとにらめっこしながら、バンコクに居たとき出来なかったメールの返信など溜まった雑事。ブログもネタ溜まっているのでNok airで1本。
良い天気なので洗濯も。

続きを読む »

28 7月

ノックエアーがいいかな/about Nok Air

やっぱりNok(ノック・エアー)は揺れが少なかった。
ボクが乗るとエアーアジアは良くゆれるのかも、しれませんが。
今回乗ったのはsurinと名づけられたグリーンベースの機体。
noksurin
TGの機体にはすべてタイの県名で名前が付けられている。
この場合スリン県号、という感じでしょうか。
機体はB737-400で同じだと想うのですが、
エアーアジアとの違いは最前列がNok Plusという
ビジネスクラスが3列、計12席用意されていること。
内装はTGと同じ紫色ベースのシートで、シックですっきりとしたもの。
値段的にも今回は片道1550Bでエアーアジアと100Bしか違わないので、
できればこれからもCNX-BKKはNokに乗りたいというのが素直な感想です。
来月もBKK行きますので。
noknaisou

今はとにかくチェンマイにもどってホッとしています。
お腹を壊したり体調的にも決してBESTではなかったので。
26 7月

i am still in BKK

事情あって、まだBKKに居ます。
昨日の夜から先ほどまでびっしり拘束されておりました。
疲れはかなりですが、なんとかやり終えましたので。
ノックエアーで切符とりました。明日CNXに戻ります。
25 7月

blogger in BKK

タイのお子たちがゲームやってる中で肩身狭くPC打ってます。
バンコクも郊外になるとネットカフェよりもPCゲーセンが中心になってしまうのです。
でもXPは便利ですね。こうやって日本語打てるんですから。
えー、丸2日半ネットと隔絶されてたら東京では震度5強だったり、インド洋でまたM7クラスの地震でプーケットに津波警報ですとか
本当にいろんなことが起きたんですね!!
ボクは友人たちと呑んだり、サイアムでCD買ったり、ながーい打ち合わせしたり、スタジアムでサッカー観たり、ホテルでノートPC打ち続けたりしてました。
いまこうやってブログ書くことで一息ついてます。
ネタはたくさん仕入れましたので、バンコク滞在記みたいにまとめていこうと想ってます。

で、ちょっと計算違いもあって予定より早く明日チェンマイに戻ろうかと。
また来月早々にもバンコクに出てこなければならないので。
またゆっくり書きます。
でも、たまに来るバンコクはやっぱり楽しいですね!
23 7月

タイ・エアーアジアは全席自由/about AIR ASIA

現在バンコク滞在中。
久しぶりにエアーアジアに乗った感想を。
チェックインで思わず「窓際」などと言ってしまうが、
そうエアーアジアは全席自由だった!
airasianai
これは意外と気になるもので、
搭乗ゲートで我先にと並ばなければならないのは結構憂鬱(満席でなければ幾分プレッシャーも弱まるが)。
内装は相変わらず本当に味気ない。
空飛ぶ一等バス(VIPではない)の名がふさわしい。
あとTGやノックよりも「よく揺れる」という印象が強い
KLからBKKに戻ったときもやたら揺れたことを思い出した。
密かに楽しみにしていたコーラ(40B)やサンドイッチ(70B)もそれぞれ値上がり。
去年までならあわせて100Bでおつりがきていたのに。
仕方なくツナサンドだけ頼んだら売り切れ!
「カップめん、どうですか」と薦められたが、
飛行機でカップめん! 想定の範囲外!

総論。
帰りはノックにしたいなあ。できれば。

*コレ以前の「タイねた写真」はこちらにズラリとございます。
22 7月

CNX→BKK

久々エアーエイシアに乗ってバンコク入りします。
PCは持って行くし、ブログになったので環境さえあれば更新できるか、と。
バンコクで新しい話題仕入れたいな、と想ってます。
日本ではレアルマドリッド来日なんですね、そのあとタイ・バンコク入りなのかな。
その逆? いまだに日程を知らない(苦笑。
Translation Automatically
月別の記事
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
匠武士の寄稿
バンコクを拠点に東南アジアのロケコーディネーションを行うGPAバンコクさんのニュースレターVol.57にメコン河の渇水と中国の脅威を寄稿。
Vol.56にタイを舞台にした日本映画、続々と公開!、Vol.49チェンマイ・ロイクラトン 世紀のヴィジュアル・イベントに遭遇!(動画あり/要Quick Time)等も公開中です。
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
読み書き・基礎からやり直し!
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!