taideomou

タイで想う日々

タイポップスほか魅惑のタイサブカル タイ国内外旅行や生活情報のアーカイブ

2 12月

12月2日(金)16時 10,000円=2,539バーツ↑

12月2日(金)16時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,539バーツ↑
(US100ドル=3,424バーツ↓)

   
いつの間にか1=ドル134円。1ユーロ=141円。
何となく超円高に歯止め。
このまま120円、110円と収まってもらって、海外旅行に夢を持てる時代の再来を!
25 11月

11月25日(金)16時 10,000円=2,519バーツ↑

11月25日(金)16時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,519バーツ↑
(US100ドル=3,526バーツ↓)

異様な円安はようやく収まってくれたのでしょうか。いくらなんでも酷過ぎると思ってましたので。
1バーツ=4円にすっかり慣れて?タイに行ける人の心中、どんな感じなのでしょうか。それでもタイ好きは止められない!?

10月21日に1ドル=152円目前に迫ったのを最後に、円相場は円高方向に進んでいる。24日の外国為替市場でも1ドル=138円台をつけた。市場で予想されていた1ドル=150円、160円は来るのか?
2022年3月から続いていた急激な円安から一転、このところ、外国為替市場で円高ドル安が進む。24日、円相場は一時1ドル=138円後半まで上昇し、今月に入り10円近くの円高。
特にこの3日間で3円以上、円高が進んだ格好。

12 11月

APEC(11/16-19@クイーン・シリキット国際会議場)開催期間中のバンコク中心部の交通規制について

 タイ警察は、APECが開催される11月16日(水)から19日(土)までの間、APEC会場場付近を含むバンコク中心部で交通規制を行うと発表しています。
交通規制の詳細は、以下の大使館ホームページをご参照の上、この期間に会議場周辺に行かれる方は、ご注意ください。
https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20221112.html


(1)APEC会議場(クイーン・シリキット国際会議場(QSNCC))付近の道路(ラチャダーピセーク通り(アソーク交差点からラマ4世交差点まで)、ドゥアンピタック通り)は、24時間通行禁止になります。

(2)18:00から翌06:00までの間、通行禁止又は片側のみ通行可、となる道路が複数(プルンチット通り、ルアムルディー通り、ウィタユ通り、トンソン通り、ラチャダムリ通り)あります。

  (3) 鉄道
地下鉄MRTブルーラインのクイーン・シリキット国際会議場駅には、電車が停止せず、通過します。



(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500、696-3000
 FAX :(66-2)207-8511

所在地: 177 Witthayu Road、 Lumphini、 Pathum Wan、 Bangkok 10330(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
11 11月

11月11日(金)9時 10,000円=2,486バーツ↓リアルに1バーツ=4円時代

11月11日(金)9時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,486バーツ↓

(US100ドル=3,564バーツ↓)
 
ドルが142円で円高方向に向き始めたとチェックしてみたら、本当に1バーツ=4円になってました、、、
異様なドル高は収まったように思えますが、あまりに円が下がったままなので。
いよいよハイシーズン、タイはどんな乾季になるのでしょうか。コロナはもう怖くない?
9 11月

洪水の脅威は去った? ロイクラトン、2022年は11月8日

タイ陰暦12月の満月の夜に灯ろうを流して1年の罪を流すタイの伝統行事「ロイクラトン」(灯ろう流し)が今年は11月8日にタイ各地で。チェンマイではイーペン祭りと呼ばれる。
これに合わせ、バンコク首都圏のチャオプラヤ川に架かる13の橋がライトアップされる。

どうやらタイで心配されていた全国的な洪水の脅威は回避されたのでしょうか。
水害の報道をあまり聞かなくなりました。
ローイクラトンが開催され、いよいよ乾季、ハイシーズンが始まります。空前のドル高、相当な数の観光客がタイに戻ってくるのでしょうか。
日本人を除いて?
1 11月

【注意喚起】タイ駐在日系企業に対する本社の代表者名を騙った不審な電話

最近、日系企業を狙った振り込め詐欺電話の報告がありました。

 今年10月下旬、本社代表者を騙った者からタイ駐在日系企業に不審な電話があったとの報告が当館にありました。
 具体的には、日本本社社長の実名を名乗り、「現在極秘の買収案件を進めており、デポジットが必要である」、「これから言う弁護士のアドレスにメールを送ってほしい」と日本語で指示してきたとのことです。その際、表示された先方の電話番号が本社の代表番号であったこともあって、疑問を感じなかったが、不審に思った担当者が日本本社へ確認をとり、そのような事実はないことが判明したため、実際の被害等は発生しませんでした。
 今後も同様の手口の事案が発生するおそれがありますので、ご注意ください。このような事案は過去に他国でも報告されています。
 皆様におかれましては、心当たりのない電話やメール、手紙等を受け取った場合には、鵜呑みにして、慌てて電話番号を教えたり、容易にメール等を送ったりせず、本社の関係部署等にも必ず確認するなど、詐欺の可能性も疑ってご対応ください。
 なお、今後上記に類似するような電話等を受けた際には、当館にもご一報願います。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
18 10月

10月17日(月)14時 10,000円=2,521バーツ↓

10月17日(月)14時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,521バーツ↓
(US100ドル=3,775バーツ↑)


先週末、1ドル=148円、32年ぶりの円安水準。
(日本は32年前に後退してしまったのでしょうか?)
10月11日には訪日外国人に日本が大きく門戸開放、個人旅行者は間違いなく日本観光地に戻って来ています。
それは肌感覚でわかります。
今はタイに行く時ではなく日本に来てもらう時代…
個人的には弱体化?日本が気になってしかたありません。
17 10月

週末の大雨でプーケット中心部で洪水

プーケットの洪水は週末の大雨から起きたものであり、大きなニュースになっています。
洪水の報道はタイ東北部、北部、中部が中心でしたが、まさかプーケットからも。人気のプーケットタウンも大部分が冠水したようですが、17日には水は引き始め、清掃も急いで行われたようです。
アユタヤやノンタブリーなどチャオプラヤー川の増水は首都バンコクに迫っており、10月は試練のひと月になりそうです、、、



プーケット島および周辺地域における大雨被害について(日本大使館発表/2022/10/17 19時)

タイ南部の有名リゾート地であるプーケット島やその周辺部において、10月16日に大雨のため洪水や地すべりなどが発生し、観光ポイントの一つである旧市街が冠水したほか、航空機の運航にも大きな影響が出ました。

タイ気象局他は、引き続き10月21日(金)にかけて、タイ南部(チュンポン県、スラタニ県、ナコンシータマラート県、ラノーン県、パンガー県、プーケット県、クラビ県、トラン県、サトゥーン県、パッタルン県、ソンクラー県)では大雨による洪水、高波や強風を伴う悪天候が見込まれるとして注意を呼び掛けています。
ついては、プーケット島を含めタイ南部のビーチリゾート(アンダマン海(=インド洋)側、タイランド湾側とも)への旅行を計画されている方は、利用フライトの運航情報について確認するとともに、宿泊先等に問い合わせるなどして安全確保に努めてください。また、海水浴やウオーターアクティビティの実施については現地当局の指示や宿泊先のアドバイスに従ってください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road、 Lumphini、 Pathum Wan、 Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)
7 10月

ノンブアランプー銃乱射、無差別殺傷事件(2022年10月6日お昼過ぎ)

世界中に瞬く間に広まったタイ発の衝撃事件。
ノーンブアランプー県、ウドンとルーイ、コーンケーンに挟まれた、タイ東北部の県。
タイでは比較的銃の入手は簡単と聞いていますが、元警官とは、、、

児童含む30名以上が犠牲に。
ノーンブアランプー銃乱射事件の元警官、妻と子供を道連れに自殺(2022年10月6日お昼過ぎ)
【バンコク=水野哲也】タイ東北部ノンブアランプー県の未就学児を預かる託児施設で6日昼過ぎ、男が銃を乱射し、子どもたちを刃物で切りつけた。タイ警察当局によると、37人が死亡し、このうち24人が子どもで多くは幼児とみられる。このほか10人程度が負傷しており、死者数はさらに増える可能性がある。
 警察や地元メディアによると、男は34歳の元警官で、銃と刃物を使って子どもらを殺害後、自分の車で逃走した。自宅で妻と子どもを殺害した上で、銃で自殺したという。
 動機は分かっていないが、地元メディアによると、男は違法薬物を所持していたとして今年1月に逮捕され、6月には免職になっていた
 現場は首都バンコクから約450キロのタイ東北部。在バンコクの日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は今のところ入っていない。

タイの託児施設で元警官が銃乱射、子ども24人含む37人死亡…妻子も射殺した後に自殺 : 読売新聞オンライン


5 10月

チェンマイ市内ピン川が氾濫、1メートルを超える洪水に!

熱帯低気圧が過ぎ去ってからもタイ各地から洪水の報道が絶えません。10月4日夜放送の現地ニュース映像、大変心配していましたが、ピン川が完全に氾濫しています。
サラピーや、見慣れた並木のノンホイ地区など辛くて見ていられません。ウィアン・クムカムの遺跡も水没、、、それでも笑顔で乗り切ろうとするタイ人の、そのたくましさ!
来月には雨季も明けるはず。それまでなんとか耐え忍んで欲しいです!!



1 10月

プラユット首相、失職免れる タイ憲法裁判所が判決


クーデターを起こしてから実権を握り続け、民政移管後も正式に首相となったタイのプラユット氏が失職のピンチを免れた。タイの憲法裁判所は9月30日、首相の任期が今年8月で切れたはずだと主張する野党の訴えを退け、首相任期は継続しているとの判決を出した。
任期期限は2025年4月となったが、その地位は必ずしも安泰とはいえないようだ。

失職のピンチ脱出 でも安泰ではないタイ首相 「任期継続」判決(朝日新聞)
タイ憲法裁はこの日の判決で、首相任期は新憲法が施行された17年4月から始まると判断。
9人のうち6人の判事がその判断を支持した。これにより首相は職務に復帰する。

続きを読む »

30 9月

タイ各地で熱帯低気圧の被害、ワット・シースパンの仏塔が崩壊

台風16号から上陸し変わった熱帯低気圧の影響により、北部中心にタイ各地で大雨、洪水、冠水被害が伝えられています。
東北部ウボンやシーサケット、スリンなどから浸水報告、コラートのピーマイ遺跡公園が冠水。
チェンマイの旧市街、南ブロックにあるシルバーテンプルと呼ばれるワット・シースパンの仏塔が崩壊。
チェンマイでは他に、旧市街北ブロックのチャンプアック門の一部が崩れています。


チェンマイの銀寺『ワットシースパン』への行き方と見所


Translation Automatically
月別の記事
 
 
 
タイのホテル予約にどうぞ!
2010 最大の話題作
kraam
Kraam(Bodyslam)
日本発ヴィジュアル系ロックのタイでの進化、完成形。
ボディスラムのアルバム、クラーム(インディゴ)。
活動本格化!
sek_loso2009
最新オリジナルAL『SEK LOSO
セーク・ローソーのソロ活動を振り返るオリジナル企画・SEK LOSOヒストリー2004-2007。変則的な発表となった英語アルバムFor God's Sakeなどセークの世界挑戦と苦悩を読み解きます!
ファン必読!
タイフェスティバル2009!
2009年タイフェス、楽しめましたか?
第3回タイフェスティバル in 横浜 2009は10月24日(土)-25日(日)で開催! メインステージではNeko Jump、アイスらのコンサート。
・第7回タイフェスティバル2009 in 大阪 9月5日(土)-6日(日)、RSコンサートBest ActはKanomjeen!?
タイフェスティバル in 名古屋2009 5月30日(土)31日(日)も過去最高の人出を記録。
第10回東京タイフェスティバル2009 5月16日(土)17日(日)は相変わらずの盛況ぶり!
七転び八起き、復活した才能
tik
タイの大道芸人、本物のアーティスト、ミュージシャンであるティック・シローの最も詳細な日本語バイオグラフィ...公開中!
その歌声はタイの宝
bird
Simply Bird('Bird' Thongchai Mcintye)
天性のリズム感と突き抜けていく歌声。本当に「歌が上手い人」と言い切れるタイのスーパースターバード/トンチャイ・メッキンタイ
2007年タイポップ代表作
body_save
Save My Life(Bodyslam)
前作Believeから2年半、よりスケールをアップさせたボディスラムの完成度の高い一作。今どきのロックな曲満載。
2006 タイ ベストアルバム
blackwhite
BLACK & WHITE(SEK LOSO)
タイROCKのカリスマセーク・ローソーが放つ満身の力作!
格が違います。
アーティスト宣言
lanna3rd
Happy Trip(Lanna Commins)
チェンマイ出身の実力派ランナーカミンの3rdは原点回帰の仕上がり。
DUDE MAGAZINE
 
 
 
まもあんのタイニュース
白田麻子のアジアな毎日
白石昇日々の記録と...
 
 
silly fools!!!
管理人へのお問い合わせ
匠武士
タイ愛好家、TAKUです。
*ブログに表示された(多くの方が見掛けないであろう)CDジャケはすべてタイのPOP-MUSICです。

お問い合わせはこちらまで。
ご注意
タイでは予定が急遽変更になることは日常茶飯事です。
こちらで得られた情報を元にされる場合、 その点を十分ご理解、ご了承の上ご利用下さいようお願い申し上げます。

copy rights (C)www.taideomou.com
(takumiartisan) 2004-10.
All Rights Reserved.
since 19/MAR/2004


from weblog-master
ここに掲載の文章および管理人撮影の画像データなどの無断使用・転載を禁じます。
なおTV、雑誌、単行本などのメディアで好意的に紹介頂ける場合に限り、事前の承諾無くとも使用を許可します。
もしお時間があれば掲載・引用の情報をご連絡頂ければ幸いです。
海外発のブログがたくさん!
速報はツイッターで!
カテゴリー
ブログ内での記事検索、便利です
それ以前の記事/日記
ブログの評価、お手柔らかにw
Niftyポッドキャスト終了!

2005年に配信開始! タイ発ポッドキャスト第1号でした。
上記ロゴのニフティのポッドキャスティングサービスは2011年9月30日で終了しました。
iTunesでは継続しているようです。今後もあらたなフィードで情報発信していきますのでよろしくお願いいたします!
本からタイを知る



タイに出掛ける前にチェック!


2004年暮れ、あの津波の記憶を忘れない為にも!


愛蔵さんの怒濤の人生にびっくり! もうひとつのチェンマイ・ロングステイ。必読!